エッチのとき、少しは恥じらいも必要ですが、恥じらいすぎるのも問題。
恥ずかしすぎてるあなたは、もしかしたら、彼から「マグロ認定」されているかも?

そこで今回は、男性がマグロ認定する彼女の恥じらいを、4つご紹介します。
あなたに当てはまるものがないか、チェックしてみて。

(1)声を我慢する

『うるさすぎるのも嫌だけど、声を出さなすぎるのもちょっと……』(29歳/ライター)

エッチ中に、声を出すのを我慢してはいませんか?
声が大きすぎるのも問題ですが、何も声を出さないのもいけません。
気持ちがよかったら、我慢しすぎずに適度に声を出すようにして。

彼も自分ががんばっているのに、彼女が反応を示さないと悲しいですよね。
男性も彼女が反応して声を出すのは、うれしいものですよ。
「もっと彼女を気持ちよくさせたい」と思ってくれるでしょう。

(2)自分から攻めようとしない

『エッチ中自分から動こうとしない子はやりづらし、楽しくないのかな?って思っちゃいます』(25歳/営業)

恥ずかしすぎて、エッチ中は自分から動かない女子も多いです。
彼ばかりが、あなたを気持ちよくしようとがんばっていませんか?
いつも受け身で自分から動かない人は、たまには彼を積極的に攻めてみて。

彼の首筋にキスしたり、アソコを舐めたり、いろいろしてあげましょう。
攻めながら、彼の反応を見るのも楽しいですよ。
彼もいつもと違うあなたの様子に、ドッキリするでしょう。

(3)言葉攻めに付き合わない

『言葉攻めで楽しみたいのに、スルーされると冷めます。恥ずかしがりながら答えてほしいです』(30歳/マーケティング)

エッチ中、彼女に言葉攻めに付き合ってもらいたい男性も。
とくにsな彼の場合、彼女にエッチな言葉を言わせようとしますよね。

「どこに入れてほしいの?」「どこが気持ちいいの?」など、彼から聞かれたことのある女子もいるでしょう。

「バカらしい」と思っても、スルーしてはいけません。
男性は、彼女が恥ずかしがる反応が見たいのです。
彼が恥ずかしい言葉を言わせようとしてきたら、付きあってあげてくださいね。

本当は恥ずかしくなくても、あえて恥ずかしそうなフリをするのがポイント
恥じらいながらエロい言葉を言うあなたに、彼も大満足しますよ。

(4)騎乗位をしない

『おっぱいの下からアングルがたまらないのに……』(32歳/建築関係)

恥ずかしいからといって、騎乗位をしない女子は多いでしょう。
「自分で気持ちがいいように動くなんて、積極的すぎない?」と思う人も、心配無用。
あなたも気持ちよくなれば、彼も喜んでくれるという、win―winの関係が成り立ちます。

彼も動きっぱなしだと疲れるので、休憩させてあげる意味でも騎乗位に挑戦してみては?
とりあえず、最初は練習だと思ってやってみましょう。
慣れると、今までやっていなかったことが損だと思えるかも?


彼氏がマグロ認定する彼女の「エッチ中の恥じらい」について、4つご紹介しました。
恥じらいは少しは大切ですが、恥じらいすぎには要注意。
彼にマグロ認定されないよう、もう少し大胆になってもいいかも?

(文/恋愛jp編集部)