あなたは、男性との初対面や初デートで、どのようなことに気をつけていますか。
男性が「え…ないな…」と思うような行動をとっていませんか。

下手すると、男性から二度とアプローチされなくなるかも…?
そんな最悪の状況を避けるために今回は、男に「2度と会いたくない」と思われる女の仕草についてご紹介します。

(1)とにかく品がない

『女性に対する固定概念かもしれませんが女性には品があってもらいたいものです』(33歳/IT)

コンパや婚活パーティで嫌がられるのは、このタイプの女性です。
男性は、やはり女性には女性らしい品をもっていてほしいもの。

それなのに、下ネタを話し始めたり、大声で笑ったり、大口で食べたり…
あなたは、恥じらいのないこのようなことをしていませんか。

こんな仕草をみると、男性は「初めてなのによくできるな…」と引いてしまいます。
引かれたら2度目はない、と心得ておきましょう。

(2)自分の話を聞いてくれない

『会話のキャッチボールができない人とはこれからは考えられないです』(32歳/商社)

男性は、あなたの女友達ではありません。
女友達であれば、あなたの話を聞いてくれるでしょう。

しかし、男性は女の長話や自慢話ばかりだと飽き飽きします。
さらに、男性の話まで聞かない女なら最悪です。

「自分の話ばっかり…俺の話も聞いてほしいんだけど…」と心の中でつぶやきます。
そして、あなたがそのまま自己中な態度をとっていると、2度目はなしです。
男性は、相手に対する思いやりがないなと判断するでしょう。

(3)妙な上から目線

『なんでそんなに偉そうなのか不思議』(20歳/大学生)

あなたは、人を見下した言動をとっていませんか。
人を見下して笑っている女性の姿は、誰が見ても酷いもの。
「人としてどうなの…」と男女共に思うでしょう。

あなたの店員さんや他人に対する態度はかなり見られています。
強い命令口調でオーダーしたり、クレームをつけるとあなたの印象は最悪。
男性は、こんな態度をとることもあるのか…と思い、引くでしょう。

さらに、男性を責める言葉もいけません。
男性は、自分のことを受け入れてほしいと思っています。
それなのに、女性に責められると居心地が悪いと感じ、また会いたいとは思わないでしょう。

(4)お会計の時に近くにいない

『男性に払ってもらうのが当たり前ではなく、払わせたくなる女性になればいいのに』(34歳/商社)

お会計=男性が払うもの、とあなたは思っていませんか。
もちろん多くの女性が、男性に奢ってほしいと思っているでしょう。

しかし、当たり前のような行動をとってはいけません。
タイミングを見計らってお手洗いに行くと、「計算かよ…俺が払うのか…」と思われます。

男性は、奢ってもらうのが当たり前と思っていない女性に奢りたくなるもの。
お会計は男性が払って当然でしょ、という態度はやめておきましょう。


いかがでしたか。
彼氏がほしい!結婚したい!と思っているあなた。
男性に2度と会いたくない、と思われることをしていませんか。
自分の言動を客観的にみて、男性に引かれないように気をつけましょう。

(文/恋愛jp編集部)