甘え上手な女性って、ずるいと思いませんか?

上手な甘えテクを使って好きな人と距離をぐっと縮められたり、恋に発展していたり…
甘え下手からすると羨ましいかぎりです。

今回は、「恥ずかしくてムリ!」「慣れてないから」と言ってしまう甘え下手でも、挑戦できるさりげない甘え方をご紹介します。

(1)相談してみる

『一見、甘えてないし、そんなどうでもいいこと相談したら迷惑かと思いますよね。逆ですね。僕だったら大切な彼女の話を聞いてるだけで楽しいし、力になりたいと考えています。だからどんどん相談してきて欲しい』(33歳/自営業)
一番簡単に甘えられる方法はズバリ相談することです。

男は頼られると頑張って解決したいと思います。

でも、相談する内容には要注意。
最初からプライベートすぎることや家族のことなどを相談すると重い女と思われてしまします。

なのでまずはシンプルに仕事の悩みを相談してみましょう。

ちょっと深い相談は仲良くなってからするようにしてください。

(2)おねだりをしてみる

『おねだりって、甘え下手さんにとっても難しいかもしれません。でも、普通に甘えてくるよりは断然簡単だと思いますよ。僕の彼女は甘え下手でぎこちないです。そこが可愛いのですが……そんな彼女は欲しいもの前に止まって「欲しいの」って聞くと小さく頷くのです。なんとも可愛らしい甘え下手のおねだりだと思いませんか』(28歳/メディア)

おねだりと言っても、ブランド物をねだるわけではありません
簡単なものをおねだりします。
例えば、コンビニに行くときに「チョコレート買ってきて!お願い!」と一言いうだけでOK。

安くて簡単なおねだりのほうが男は「しょうがないなー」と応じてくれます。
缶コーヒーや、ちょっとしたお菓子、出張先で帰るキャラグッズなどをおねだりすることで、あなたがいないところでもあなたのことを思い出すきっかけになるでしょう。

そして大事なのが、おねだりした分、お返しすることです。
「いつものお礼に一杯おごるよー」と飲みに誘ってみてもいいかもしれません!

(3)重いものや高いところにあるものをお願いする

『背が低い私の彼女は、いつも強がって背伸びして高い所の物をとろうとするのですが、結局取れないんです。そんな時彼女は言いにくそうに「とって……」って。素直に甘えられない下手くそな頼み方に思わず笑っちゃいます』(22歳/大学生)

甘え下手な人はちょっとしたお願いから甘える練習をするのがオススメ。

男性に頼るのが上手になれば、甘えやすくなります。
自然にお願いできる代表的なお願いが、重いものを運んでもらう、高いところのものをとってもらうこと。

ちょっと頑張れば自分でできることでも、男に頼ることで、男を立てることにもなります。
お願いして、やってもらったあとはちゃんとお礼を言うことをお忘れなく!

(4)彼の得意なことを教えてもらう

『頼られている感がありますよね。甘えているかどうかはまだまだだと思いますが……でも、ゆっくりと甘えることに慣れて欲しいと思いますね』(30歳/人材)

例えば、彼の趣味や、機械関係のことなどに関して質問してみましょう。
聞いた手前、興味があるように反応しながら相槌を打って、ちゃんと聞くことは必須です。
スキンシップをとったりあからさまに甘えたりするのが苦手なら、気になる男の内面に近づける甘え方をしてみましょう。

例えば、知っていることでも、調べればわかると思っていることでも彼を頼ってみてください。
共通の興味のあることがわかると、心の距離が近づきます。


甘え下手は小さなお願いからはじめることです。
甘え上手は恋愛強者ですが、甘えるのが下手だからと言ってあきらめる必要はありません。

下手なりのアプローチの方が誠実に感じられることもあります。
甘え下手だからといって卑屈にならず、ちょっとしたお願いからトライしてみてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)