誰しも好きな人を顔だけで選んでいるわけではないと思います。
でももっと彼が「イケメン」だったら言うことないですよね。
顔が変わらなくてもイケメンになる方法があるんです。

今回はそんな彼がイケメンになる方法をいくつかご紹介します。

(1)全身コーディネート

『あまりファッションにこだわりのない彼でしたが、ひげを生やさせて、コートだったり着させてダンディにしちゃいました。そしたら、周りから自然と彼ワイルドだよねと言われるようになり誇らしくなっちゃいました』(26歳/アパレル)

あなたの彼は洋服にこだわりがありますか?
10代の時から持っている襟がたるんでいる服や、サイズが合わないパンツを履いていませんか?
もし彼が洋服に興味がないのなら、変身させるチャンスです。

あなた好みに全身コーディネートしてあげましょう。
その時に彼の意見もきちんと聞いてあげましょう。
彼も気に入った服であれば、今後もオシャレに前向きになるかもしれません。

(2)清潔感

『清潔感って第一印象でとっても大事ですよね。夏場とか汗かいちゃうの仕方ないと思いますけど、中にはしっかりとワキのケアとかしている男性がいてとても素敵ですよね』(33歳/IT)

老若男女関係なく清潔感は大事です。
中でも男性は代謝がいいのでより気にしければなりません。
伸びた髭、体臭や口臭、フケや寝ぐせはもちろん、シワクチャな服や食事の時に音を立てて食べる、なども清潔感なく見えてしまいます。

清潔感がないと、生活までだらしなく見えてしまうのです。
彼だけではなく、二人で清潔感を損なわないために、出かける前に鏡の前にたちお互いに確認しましょう。

(3)筋肉をつける

『2人でスポーツデートというのを決めてます。1週間に一回はジムにいって2人でトレーニングするんです。健康的になるのでオススメですよ』(26歳/人材系)
「筋トレ女子」という言葉が流行るほど、女子の中でも筋トレがブームです。
男性もだらしなく脂肪がついているより引き締まった体のほうが魅力的ですよね。

ですが、筋肉がついた体型のメリットはそれだけではありません。
筋肉がつくと、体をきちんと支えられるので自然と姿勢もよくなるので似合う服も多くなります。
筋トレはすぐには効果がでませんが、筋肉がつけばそれだけ「頑張った」という自信にも繋がり顔つきも変わるのです。

まずは軽いランニングや自宅トレなど簡単にできるところから始めていきましょう。

(4)小物をこだわる

『小さいところにこだわることが出来る男性は素晴らしい人が多いです。小物がしっかりと大事に出来る人は女性を大切にします。私の彼もそんな感じですから』(33歳/飲食)
彼の靴の底がすり減っていたり、磁気カードはそのまま、財布がボロボロではありませんか?
それでは、服が素敵でもせっかくのオシャレが台無しです。

高級品やブランド物を買う必要はありません。
小物の色みや、素材を同じにすれば統一感が生まれます。
ほんの少しのこだわりで彼がいっそう素敵になります。


ブス彼をイケメン彼にする方法をご紹介しました。
顔のつくりが整ってなくても、少しの意識の変化やこだわり、生活習慣で彼を「イケメン」に変身させることができます。
大事なことは、男性は傷つきやすいのでストレートに否定的なことを言わないようにしましょう。

あなたの力で彼を今以上に素敵に変身してあげてください。

(文/恋愛jp編集部)