こんにちは。
心理カウンセラーのSAYURIです。

2017年の流行語大賞の候補にもなりそうな「一線を越える」というワード。
そこで今回はあなたが理想とする恋愛像と不倫した場合「一線を越える」かどうかを心理テストでチェックしてみましょう。

あなたはどんなところで泳ぎたい?

あなたは稚魚の頃、人間に捕まって水槽で飼育されていた魚です。
ある日、その水槽から放たれ自由の身になることが出来ました。

その時あなたが帰って行く場所は次のどれでしょう?

(1)珊瑚礁のきれいな海
(2)清流と呼ばれるほどのきれいな川
(3)陸地から遠く離れた広い海
(4)暗い深海

あなたの理想の恋、そして不倫したらどうなる?

水の中で泳ぐ魚が水の流れや温度、太陽の光を肌で感じるように恋であなたが何を感じたいのか、また自由になった魚が帰る場所は居心地のよいすみかとなる所です。

(1)を選んだあなた

フィーリング重視で一緒にいて楽しいと感じる人なら出会って間もないエッチもOK! 
デートも楽しそうなイベントにテーマパークととことん恋を楽しみたいタイプ

仮に酔った勢いで「結婚しちゃおっか?」と言われも驚くことなく電撃結婚なんてこともあるかもしれません。

好きになるタイプの男性も特別こだわりがないため、元彼と今彼が全くタイプが違ったりすることも。
好きな人に妻子があっても「楽しい、おいしいとこだけ頂きます!」といった軽いノリで深入りすることはないでしょう。

(2)を選んだあなた

真面目な恋を望むタイプ

しかも相手にも真面目で優しくて人間的に尊敬できて、周囲から認めてもらえるようなスペックの高さを望んでしまうので、なかなか「この人だ!」と思えるお相手に出会えないかもしれません。

もちろん自分が結婚後は自ら不倫をすることはありませんが万一、独身の間に好きになった相手が妻帯者だった場合は、不倫相手の男性が離婚せずずっと不倫状態が続いても、彼の家族に対する責任感の強さから離婚しないだけ!

なんて妙に自分の都合のいいように解釈してしまいズルズルと泥沼にはまってしまうリスクがあります。

妻帯者と「一線を越える」のはガンとして避けた方が自分の人生を無駄にすることがないでしょう。

(3)を選んだあなた

何が起こるか分からない大きな海を選んだあなたはいつもワクワクどきどきするような新鮮な恋愛がしたいタイプ

ワンパターンなデートを繰り返すような男性とは長続きせず、自ら新しいことにチャレンジして新しい出会いを求めていきます。このタイプの女性は、友達から恋人という関係の変化はほぼゼロ。

例えお一人様が長くなっても自分がよく知っている男性には新鮮さを感じないため、告白されても「ごめんなさい!」してしまうかも。

また不倫は不毛の恋だと思っているので、好きになった人が妻帯者だと分かった瞬間、一線を越えることなくさっさと諦めて次のひとを探し始めます。

(4)を選んだあなた

光の当たらない深い海を望むあなたは、まだ自分がどんな恋をしたいのか自分自身がよく分かってないのかもしれません。
あなた自身は「なかなか好きになれる男性に出会えない」「出会いのチャンスがない」と思っているかもしれませんが、実は男性からのアプローチを見逃している可能性もあります。

頭の中で理想の男性を想像するだけでなく、周囲の男性の言動に目を向け、恋には妥協もアリだと思った方がいいでしょう。
自ら望んで不倫をするタイプではありませんが、1度「一線を越えてしまう」と密かにその関係を続けてしまうこともあるかも知れません。


人肌恋しくなる季節ではありますが、タイプによっては「一線を越える」前に、少し慎重にお相手を選んで下さいね。

【参考文献】
・『60秒で心理分析ができる本』樺旦純・著(三笠書房)

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)