最近新しく恋人ができた方。
特に恋愛経験があまりない場合、自分がいろいろなことをちゃんとできているか気になってしまいますよね。
今回は男性に「キスが下手」認定されてしまう女性の特徴について紹介します。

あなたのキスは大丈夫ですか?

(1)歯がぶつかる

『柔らかい舌を堪能したいのに、硬い歯が当たるなんて最悪だ』(26歳/広告)

まず1つ目は「歯がぶつかる」とき。
上手く相手とのタイミングや角度が合わないと、歯がぶつかってしまうとき、ありますよね。
これが頻繁に起こると、男性は女性にキスが下手だと感じるようです。

勢いよく顔を近づけてしまうとぶつかりやすいので、なるべくソフトに、ゆっくりと近づくことで、歯がぶつかってしまうのを防ぎましょう。
どうしても苦手な場合は彼に任せて、顔は動かさずに彼を待ってキスするのもいいかもしれませんね。

(2)舌が上手く絡み合わない

『相手の舌が当たらないとキスしてる感がない』(27歳/コンサル)

2つ目はディープキスの場合ですね。
舌の絡みが上手くいかない時、彼女に対してキスが下手だと感じるようです。
これは彼とのタイミングが合うかどうかも関係してくるので、彼とのキスが増え、回数を重ねていけばある程度改善されるでしょう。

ただタイミングの問題でなく「そもそも舌を絡ませるということ自体が苦手」という場合は彼に相談して、
どうすれば上手く絡ませられるか、聞くと良いでしょう。

(3)舌を噛んでくる

『恨みでもあるの?』(27歳/企画)

3つ目は彼女が舌を噛んでくる場合。
これは男からするとご法度です。今すぐやめましょう。

ディープキスの時に、相手の舌を噛んでしまう癖のある人もいるようですが、意識すればすぐに辞められるはず。
ただし甘噛みなら、相手によっては受け入れられるので、彼と相談すると良いでしょう。
どんなに盛り上がっても舌を思い切り噛むのは無しです。

(4)出っ歯

『キスをする上で出っ歯は結構なハンデだよね』(29歳/商社)

最後はこれ!
彼女が出っ歯の場合、彼はキスが下手だなぁと感じるようです。
しかし出っ歯だからと言って、必ずキスが下手だと感じられてしまうとは限りません。

出っ歯だからこそキスに気を使い、キス上手だと自他ともに認める人もいます。
ただ出っ歯という特徴を持つと、他の人よりも歯が当たってしまう可能性が高くなります。
歯が当たらないようにする工夫が必要ですが、ここをクリアしてしまえば、キスが下手といわれることはないでしょう。


以上、男性に「キスが下手」認定されてしまう女性の特徴でした!
「出っ歯」に関しては矯正するしか道はありませんが、その他は心がけ次第で何とかなるものから、慣れれば改善しそうなものばかりでしたね。

彼と回数をこなせば自然と彼との呼吸もあって、きっと上手にキスできるようになるでしょう。
ですが、ちょっとした心がけで上達も早まるかもしれません。
上手なキスで、彼との時間をより甘いものにできるといいですね。

(文/恋愛jp編集部)