ファッションは自己表現の一種ですよね。
ですが行き過ぎた個性は、彼も幻滅してしまうもの…。

こんなファッションだと、デートに行きたくないと思われないように、男性が嫌だと思う服装を学びましょう!

そこで今回は男性に聞いた「恋人が着てて一番ドン引きしたファッション」にまつわるエピソードをご紹介します。

(1)クリスマスカラー

『スカ-トが赤でパンツが緑だった時、あまりにも色の差があってダメでした
興奮しない組み合わせはマイナスです』(31歳/IT)

(2)部屋着がジャージ

『泊りで出掛けた際に、中学生から来ているという着古したよれよれのパジャマを着ていた時ですね。
まあ、そういう雰囲気でもなかったのでいいのですが』(28歳/営業)

(3)野球選手ファッション

『長袖シャツにダボダボの半袖シャツの重ね着。
全然似合ってなくて野球選手かよと思いました』(30歳/芸人)

(4)おばさんなのにノースリーブ

『いい歳をしているのに、肌の露出が高いノースリーブを着ていた。
年齢を考えて、露出は極力避けてほしいと思いました』(32歳/経理)

(5)マリオ…?

『マリオみたいな格好でおもわずダサいと思ってしまった』(25歳/美容師)


いかがでしたか?
他にも、「20代後半なのに、少女マンガに登場するような大きなリボンのゴスロリ姿だったので、帰りたかった」という男性の悲鳴も…!

ファッションセンスで彼に幻滅されないためにも、洋服選びには気を付けつけたほうがいいかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)