他の女性にくらべて、自分は彼氏に大事にされていない…そんな風に感じている女性は意外に多いんですよ。
たとえ雑に扱われる場合でも、交際期間が数年にのぼる気心の知れたカップルの場合なら当たり前のことです。
しかし、交際が数週間や数ヶ月ほどで彼氏から雑に扱われたら、単純に彼氏の愛情が冷めている可能性が高いんですよ。

そこで今回は『彼氏に大事にされない女の特徴』について詳しく紹介しますね。

(1)断れない

『なんでも言うこと聞いてくれるので、扱いが楽で助かります』(28歳/不動産)

気弱で自信がなくて、彼氏に頼まれたことは何でも断らない女性っていますよね。
本人は自分の弱さを正当化する意味も含めて、「従順なほうが彼氏が喜ぶはず」と考えがちですが、これは大きな間違いなんです。
自尊心のない言いなりの女性は男性にとって物足りないため、軽く見られて大切にされないことが多いんです。

さらに悪質な男性と付き合っている場合は、こうした気弱な態度が原因でDVに発展するおそれもあるんですよ。
ですから大好きな彼氏が相手でも自分の意見はしっかりと伝えて、本当に嫌なことは毅然とした態度で断ることが大切ですよ。

(2)何事も受け身

『受け身な人はたとえ美人でもつまらない』(26歳/企画)

デートプランを彼氏に任せっきりだったり、二人で居る時の判断をすべて彼氏に委ねたりしていませんか?
男性に主導権をわたすのが女性らしいと考えていたり、単純に面倒などその理由は様々ですよね。

しかし男性にとって主導権を与えてもらうことは誇らしい一方で、すべての判断を求められるのは負担が大きいんです。
ですから、交際期間が長くなるにしたがって彼女への不満が溜まり、大切にしようという気持ちが失われていきます。

そのため、デートの行き先や立ち寄るお店にかんして自分の要望を伝えたり、協力する姿勢をもつ女性の方が大事にされやすいんですよ。

(3)駆け引きしたがる

『気になる子でも過度に駆け引きされたら冷めるわ』(30歳/営業)

前述したように、なんでも彼氏の言いなりになる女性は軽くみられるので大事にされません。
しかし恋愛関係のおいて優位な立場を得るために、なにかと駆け引きしたがる女性も彼氏に大事にされないんですよ。

恋愛に求めるものは人によりますが、彼女にたいして安心感を求める男性が大勢います。
しかしわざと男友達の話をして嫉妬を煽るなど、彼女がなにかと心理ゲームを仕掛けてきたら男性の心は落ち着きません。

そのため女性側がうまく駆け引き出来ているつもりでも、男性はウンザリして彼女に嫌気が差すことが多いんです。

マンネリを防ぐなど恋愛の駆け引きには様々な効果がありますが、やり過ぎると大事にされなくなるんですよ。

(4)口数が少ない

『沈黙が……気まずい……』(30歳/コンサル)

男性と二人きりだと口数が減って、聞き役にまわることが多かったりしませんか?
生まれつき口数が少なかったり、おしゃべりな方だけれど男性の前だと照れるなど、その理由は様々ですよね。

交際前なら、男性が引くほどペラペラと喋るよりは、静かにしている方が女性らしくてモテるものです。
しかし交際をはじめた後にも口数が少ないと、デートをしても男性は退屈なだけで物足りないと感じます。

そうすると交際機関が長くなりマンネリになった途端に、彼女にたいしてあまり魅力を感じなくなる男性が多いんです。
ひとりの女性として長いあいだ大事にされるためには、彼氏と楽しくおしゃべりできる関係を築くことが大切なんですよ。


以上、『彼氏に大事にされない女の特徴』を紹介しました。

なにかと駆け引きをしたがる女性がウザがられるのは分かりますが、彼氏の頼みを断らない従順な女性も大事にされないんですね。
面倒な駆け引きをしないけれど、単なるイエスマンでもない…それが彼氏に大事にされる女性の特徴なんです。

なんだか難しそうですが、無理に主導権を握ったり、彼氏に合わせすぎたりせずに、自然体でいれば大丈夫ですよ。
ぜひ紹介した内容を参考にして、彼氏から大事にされる女性を目指して下さいね!

(文/恋愛jp編集部)