今年のクリスマスはなんのケーキを食べようかな…と考える時期が近づいてまいりました。
こんにちは、ツナえもんです。

肌寒くなってくるとなんとなくセンチメンタルな気分になることがありますよね。
季節の変わり目は体調を崩しやすい時期ですが、心の健康も乱れやすいときです。

そんなときはどうしてもネガティブなことが頭を過ってしまいます。
特に恋愛が上手くいってないとき、それは悪い意味で加速してしまうでしょう。

今回はそんな弱りやすいときほど陥りやすい「恋愛が上手くいかない人の特徴」についてお話しようと思います。

好きな人、恋人、婚約者、想いを寄せる相手との関係性でいろいろ悩んでいるうちに気分が沈んでしまうことってありますよね。

次第にその感情は膨れ上がり「もしかして…」と悪い方向に考え、「あの時のは…」と過去から原因を探し始めます。
そんなときあなたは「つらくて苦しくて、この気持ちから解放されたい」想いでいっぱいになるでしょう。

いつしか彼との楽しかった思い出さえも疑念の目でしか見られなくなります。
彼と一緒に笑った時間よりも今の不安な気持ちが勝ってしまい、こうして感情のコントロールが出来ず、不安という感情に押し殺されていくのです。

そして不安な気持ちに支配されてしまったとき、人はなにかにすがりたくなってしまいます。
苦しくなれば助けが欲しくなるのです。

(1)ネットに毒されやすい

今ではスマホと空き時間さえあれば、いくらでも検索できる時代です。

恋愛コラムはもちろん、ブログやTwitterなども検索すればいくらでも出てきますし、知りたいことの大抵が手軽にネットで知ることが出来ます。
それらも含めて、そこには「罠」がまっているのです。

心が弱っているとき、なにか答えが欲しいとき、同じ気持ちの人がいたらなんだか安心してしまう…そういう気持ちから見てしまうネット。

あなたが検索して求めているのは「大丈夫だよ」と思わせてくれる言葉なのではないでしょうか?
安心できるような欲しい言葉を探しているのではないでしょうか。

そしてそこで思いがけないマイナスな意見を目の当たりにし、更に落ち込んでしまったり、逆にプラスな意見に感化されたりするかもしれません。

もちろん心の安寧を求めてネットを見るのが悪いとは思いませんし、参考にするのも決して悪いことだとは思いません。しかしよく考えて欲しいのです。

あなたが好きになった人は「ネットの中で生きている人」なのでしょうか?

ネットには色んな情報があります。
あなたの好きな人は本当にそういう人なのでしょうか?

目を大きく開いて見るべきなのはネットに綴られた文章ではなく、目の前の彼であり、彼の行動ではないでしょうか。

(2)欲求のコントロールが下手

食欲はコントロールしないと太ります。
睡眠欲もコントロールしないとだらしない生活になります。

これは異性間においても同じことがいえます。

私達には「理性」が備わっているので、欲望には忠実でありながらもコントロールすることが大事なのです。

決して異性と深い関係をもつことが悪いわけではありません。
たまには美味しいものが食べたいときや一日中だらだら寝て過ごしたいときだってあるでしょう。

でもよく考えてみて下さい。
「ダイエットは明日から!」と言っている人が本当にダイエット成功しているでしょうか?
「今日だけだから!」とスイーツを頬張った彼女は目標通り痩せたでしょうか?

欲求をコントロール出来ないというのはそういうことなのです。

その一夜はあなたにとって意味あるものだったのでしょうか? 
そのときだけの楽しさを何度も繰り返し、痩せれないあの子のようになっているのではないでしょうか。

(3)感情のコントロールが下手

『連絡がこないなぁ…でも今日は仕事だって言ってたし…土曜日なのに? 
土曜日ってそもそも休みだよね?もしかして遊びに行ってるとか?誰と?女!?』

不安に押しつぶされそうになって、追撃の連絡をしたり、電話かけてみたり、とにかく「不安な自分の気持ちを解消したい」がゆえの行動をします。

本当に仕事だった場合、休日出勤してまで仕事している彼に「今、仕事中?」と電話するのも「仕事終わったら連絡して!」と連絡するのも野暮というもの。

寂しがり屋な人や構ってちゃんな人に多く、自分の感情をコントロール出来ないがゆえに「彼の言動に勝手に振り回されてしまう」のです。

なにげなく言った彼の言葉を深読みし、なにげなく行った彼の行動を疑い、そして勝手に不安になって感情をぶつけたり、解放したりします。

考えてみて下さい。
特に深い意味なく自分が言ったことで、勝手に不安になったり疑ったり騒いだりする男性……付き合いたいと思いますか?

きっとあなたはこう思うでしょう。
「めんどくさいなぁ…」と。

めんどくさい女にならないこと、それは感情のコントロールが出来るようになることではないでしょうか。

(3)依存体質である

 
スマホが手放せない、気づけばSNSを覗いている、彼からのラインをいつも待ってばっかりなど…。
なんて人ほど依存性が高い傾向にあります。

彼からの連絡に依存しだすと「連絡がこないだけで不安」になっていきます。
しかし彼からの連絡に依存するタイプのほとんどが「スマホに依存している」だけなのです。

もし彼ではなく他の誰かが彼の文面を真似てLINEを送っていたとして、恐らく大抵の女性は気づきません。

でもきっとそういう人は「マメに連絡がくること」に満足するでしょう。

なんでもない連絡が嬉しい? 
なにげない連絡が楽しい? 
そんなものはアカウントさえあれば代わりに誰でも送ろうと思えば送れるのです。

遊んでいる男性達の間では、女性の「彼氏や好きな人とマメに連絡をとりたい」という気持ちを逆手に取り、強弱をつけた連絡頻度で「女性の依存性を故意的に高める」という手法があります。

そして自分から女性を離れられなくしていくのです。

もちろん普通に過ごしていて、そういう男性に遭遇することは稀なのですが、依存性の高い女性というのは自らそうやって「なにか」に依存し、関係を自ら壊していきます。


いろいろ考えて落ち込んでしまう、悩んでしまうときってありますよね。
私もよくあります。

答えは自分で導き出すもの、幸せは自分で掴むもの、人生は自分で選ぶもの、誰も責任はとってくれません。
だからこそ「どうすればいいのか」ではなく、あなた自身が「どうしたいか」が大事なのです。

後悔のないよう目の前の人と一緒に過ごせる時間を大事にして下さいね。
応援しています。

●ライター/ツナえもん(アラサー女子の救世主)