「恋愛って、するものじゃなくて、落ちるものですよね」

ドラマなどでもよく聞くこのセリフ。
恋愛をしたいと口では言っていても、対象者が現れない事にはどうにもなりませんね。

とりあえず、なんとなく付き合ってもいいかなと思う人と付き合ったとしても、
「私は一体この人のどこが好きなんだろう」と、自分自身を見失ってしまうかもしれません。

今回は、俺のどこが好き?と聞く彼氏の心理についてお伝えします!

(1)自分のどこが好きか不安だから

『愛情表現が苦手な彼女なので、聞かないと不安になるので』(24歳/飲食)

恋愛経験が少ないと、自分に自信を持っていない男性は意外と多い
そんな状況だと、何度も相手の気持ちを確認したいですよね。

しかし、相手からすると最初のうちは簡単に答えられても、何度もしつこく聞かれると面倒。
まずは、自分自身が自分の好きな所を見つけるといいですね。

(2)なんで自分が好かれてるか不思議だから

『周りの男性の方がかっこいいから、なんで自分なのか不思議』(30歳/エンジニア)

周りにたくさんかっこいい男がいると、
「なんで自分なんだ、他の奴の方が何倍もかっこいいし、条件も良いじゃないか」
と思ってしまうものです。

しかし、こんな事は考えていてもキリがないですよね。
相手の事をしっかりと理解して入れば、このような不安はなくなるでしょう。

(3)いい気分になりたくて聞いている

『好きって言われた方がテンションがあがる』(28歳/美容師)

これは非常に面倒ですね。
何回も言わされる女性側からすると、その好きな部分もいずれは嫌いになってしまいそうです。

男性は褒められるのが大好きです。

しかし、強要してまで褒められたい人は、普段の生活が満たされていない証拠でしょう。
彼女も大事にするべきですが、同時に周りの人も大切にしていくべきですね。

(4)彼女に言わせた後に「僕は○○の全部好きだよ!」って言いたいから

『好きと言わせて、2倍にして全部好きと言いたいから』(22歳/学生)

これはもうバカップルの極みですね。
彼女に対しての熱烈なアピール。

ラブラブな状態ならいいのですが、彼女の方の気持ちが少ないと、引かれてしまいそうですね。

大抵の場合は、たまに好きと言われる方がちょうどいいでしょう。
こういう男性は、とにかく好きだという事を彼女に伝え、お互いの愛を感じ合いたいのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
特に恋愛経験が少ない男性は、どうしても彼女の愛を確認したがる傾向にあります。

それは自信の欠如、周囲との関わりの薄さ故に、彼女に依存しようとしているのです。

付き合い始めてすぐという事であれば問題ありませんが、3ケ月以上経っても同じような状況が続くと注意です。
彼氏を、いい男へとマネジメントするのも彼女の大事な役割ですね!

(文/恋愛jp編集部)