こんにちは。恋愛心理パティシエのともです。

周りの友人や同僚はどんどん結婚していくのに、自分だけが独身。
でも別に自分は独身を嘆いているワケでもなく、つらいと思っているワケでもない。

“自ら選んで今独身なんだ!”と思っていてもなぜか周囲からは「まだ独身なんだ…かわいそう」という哀れみの目で見られてしまうもの。

そこで既婚の人から言われた独身女性がイラッときた言葉を聞いてみました。

(1)独身だから楽でしょう

『会社でも独身で子供もいないから楽だと位置づけれらている私。
既婚の人はしなくていい仕事も押し付けられて、今日も残業。
「〇〇さんは独身だからね、時間もあるでしょう? 私は子供3人いるから…」と言われては、ノーとは言えない』(31歳/会社員)

“独身は既婚女性より楽である”と既婚女性の方から勝手に思われてしまうことはよくあります。

独身だったら夫や子供の世話もないし、どうせ帰って大してやることもないでしょ的な発言をされたり、理不尽な仕事を押し付けられたり。

しかし既婚女性が独身だった頃を考えても、暇を持て余していたか?と聞かれればそうでもないハズ。

独身だって彼氏はいるかもしれないし、いなくともキャリアアップのための勉強に精を出しているかもしれないし、家事だって極めようと思えばやることなんて沢山。

“独身=暇”なんて決めつけられては「結婚するという選択をしたのはアナタでしょ」と反論したくなるのもわかりますね。

(2)老後が心配だね

『独身で子供もいない、となるとよく言われるのが「老後が心配だね」という言葉。
しかし老後のことを子供に託しているその思考の方が断然心配だし、子供がいない分貯金もできるので、むしろ老後の心配は独身の方が少ないと思っている』(26歳/SE)

子供がいないと老後はどうなるのか?って子供がいようがいまいが老後のことなんて誰にもわかりません。

子供が大きくなっても親を世話する余裕なんてあるかどうかもわからない時代。
だからこそ子供に自分の老後を託す姿勢はむしろ滑稽。

子供を自分の老後のために産むなんて自己中もいいところでしょう。
そしてむしろ独身の方が贅沢をしなければ、お金にも余裕がありますし安泰した老後を送れる場合も。

(3)高望みしてるんじゃない?

『まだ結婚してない、と言うと「理想高いんじゃない?」「高望みしずぎだよ」みたいなことを言われる。
その発言自体、私に対して失礼だし、別に高望みもしてないし』(30歳/薬剤師)

「高望みしてるんじゃない?」という発言は「あなたはそのレベルなのに上の方を見すぎなんじゃない?」とも受け取れる言葉でもあります。

「選ばなければ結婚できるのに…」というアドバイスは相手にとって何の役にも立ちません。

(4)いつかいい人見つかるよ

『独身が楽しくて結婚したいと思ったことがない。
にも関わらず既婚の会社の先輩から「いつかいい人見つかるよ」と再三言われる。
なぜ「結婚したい前提」で話が進むのかわからない。よっぽど自分の結婚を私が羨ましく思っているのかと信じているのだろうか』(32歳/アパレル)

直接的なマウンティングではないですが、よく考えると完全にマウンティングされているな、とモヤモヤくる「いつかいい人見つかるよ」発言。

相手は慰めているつもりかもしれません。
しかし「私、結婚したいので誰か紹介して欲しいです!」ぐらいの前のめりな姿勢で結婚願望を見せてもいないのに、そんなこと言われても、ただ自分の環境を自慢したいかための発言にしか聞こえないのです。

既婚の方が独身より決して上というワケではありません。それぞれの生き方を尊重しながら仲良くやっていきたいものですね。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)