こんにちは。みずゆきりんです。

気がつけば11月。
早いものですね。

一気に冷え込んで、もう冬!?と思う日もありますが、11月と言えば、イメージは“秋”。
そして、秋といえば、“別れの季節”。

でも何故、秋が“別れの季節”なのでしょうか。

“別れの季節”と言われているけれど、実は新しい出会いが??

秋が“別れの季節”としてよく言われている理由は、やはり「夏が終わると同時に愛も冷めてしまう」というもの。
夏には、海や花火などの色々な開放的なイベントがあり、同時に恋愛も盛り上がりますが、秋になると途端にイベントがなくなり、退屈になって別れてしまうカップルが多いのかもしれません。

しかし、実はこんな意見も。

『季節の変わり目は、新しいことを始めたくなる』(25歳/営業)

『暑い時はあまり外に出ようと思わなかったけど、秋は反動で出かけたくなる』(30歳/講師)

『お洒落も出来るし、秋が季節の中で一番好き』(28歳/金融)

「暗い」「枯れ木」「落ち葉」など、マイナスのイメージが多い秋ですが、外で過ごしやすい季節でもあります。

食べ物もおいしい時期だし、お洒落も楽しい季節。意外にも、デートには最適な季節なのです。
紅葉、味覚狩りなどのイベントや、寒くなってきたので、温泉なんかもいいかもしれません。

肌寒い時期は、人と人との距離も縮まりがち。
例え別れがきてしまっても、新たな恋のチャンスがすぐに訪れるかも…!?

秋は、青田買いのチャンス!

秋と言えば、文化祭!
文化祭と言えば、青田買い!
新たな恋のチャンスです!

私が恋愛JPでコラムを書かせて頂くにあたり、最初からずっと推している、この、青田買い。
社会人女性が、唯一!?大学生・大学院生と自然に出会えるイベント、これが文化祭です。

特に、高学歴・高収入なイケメン彼氏をGETするには、ある程度リクスを負ってでも、青田買いがオススメ!

いわゆる「恋愛経験はあまりないけれど、高学歴で、誠実で、有名企業(高収入)で、女遊びもせず、しっかり働いてくれる人」というのは、合コンなどではあまり出会えません。なぜなら、そういう人たちは合コンに嫌悪感を抱いているからです。

彼らが働くような会社で自分も働けるなら、社会人になってから出会うという方法もアリ。
しかし、頑張って自分で有名企業に就職・転職するよりも、文化祭で出会う方が、労力も少なく済み、お手軽です。

「学生には興味ない…」というアナタ。
彼らも数年したら、社会人です。
数年かけて、自分好みの男性に仕上げていくというのも、楽しいんじゃないでしょうか。

文化祭での正しい(?)ナンパの仕方は、過去のコラム、
“青田買い”しちゃう!? 高学歴男子と出会うための方法5つの中の、『高学歴男子と出会う方法その3』で、詳しく解説しています。


今年の駒場祭(東京大学)の日程は、11/24~11/26。
11月祭(京都大学)の日程は、11/23~11/26。
これでアナタも、未来の、高学歴・高収入の彼をGET!?

●ライター/みずゆきりん(Twitter王国の住人)