エッチ中の女性は、受け身になることが多いですよね?
時には彼を責めたいなんて日もあると思います!

そんな時、彼のどこを責めたら喜ばれるのか知りたいところ…。

今回は20代~30代の男性を対象に「玉責め」or「乳首責め」されて嬉しいのはどっち?というアンケートを実施しました。

それではさっそく回答を見ていきましょう!

「玉責め」を選んだ男性の意見


『やはり男ですので、玉の活力を大事にしてくれるほうが興奮します』(29歳/IT)

『その方が絶頂が高まる』(30歳/バイヤー)

『敏感に反応してしまう部分』(24歳/医学生)

「なんか包み込まれてる感じがいい」という意見も!
どこよりも敏感に感じる部分だからこそ、触られると嬉しいようですね。

「乳首責め」を選んだ男性の意見


『乳首は単純に性感帯であるとともに命に関わらないエリアなので他人になにかされても対処が可能という点で責められても気持ちいいと感じられるだけの余裕を持てます』(28歳/営業)

『玉は気持ちイイのですが、急所なのでNGです』(32歳/建築)

『乳首が性感帯なので』(25歳/塾講)

女性の性感帯でもありますが、男性だって感じる人が多くいるみたい…!
また、「下半身は強打した経験があるので怖い」というトラウマを持ってる人も要るようでした。

「玉責め」or「乳首責め」されて嬉しいのはどっち?果たして多数派は……?

玉責め……123人(61.5%)
乳首責め……77人(38.5%)

6割の男性が、「玉責め」をされた方が嬉しいという結果に…!

「玉から竿をで目られる方が興奮しますし、気持ちいいので大好き」という玉責め派の意見が多くみられましたね。
彼を責めたいそんな日は、玉責めしてみてもいいかもしれません。


※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:200人
※集計期間:2017年11月1日~2017年11月7日

(文/恋愛jp編集部)