付き合っている男性から、「ずっと一緒にいよう」と言われたらドキドキしちゃいますよね。
「もしかしてプロポーズ!?」なんて思っちゃったりして……。
でも、舞い上がるのはチョット待って!

実は、言葉の裏にはこんな意味が隠されているのかも……。

(1)「結婚してほしい」

『プロポーズする時に言いました』(30歳/企画)

真面目な男性で、普段全くこの手の文句を言わない人であれば、「ずっと一緒にいよう」はプロポーズの言葉である可能性が高いです。
「(夫婦になって)ずっと一緒にいて欲しい」という、そのままの意味ですね。

好きな男性からこの言葉を言われた女性にとって、一番嬉しいのはこのパターンではないでしょうか。

(2)「(結婚はしないけど)ずっと一緒にいよう」

『結婚は考えてないけど、ずっと一緒にいたいくらい好きという意味で使います』(25歳/メーカー)

ただ「ずっと一緒にいよう」という言葉が、必ずしも「結婚してほしい」という意味とは限りません。
特に、相手の男性が異性からモテまくる、チャラいタイプの男性だったら要注意。

「(結婚はする気ないし別れる気も無いけど)ずっと一緒にいよう」という意味かもしれません。
ある意味、都合のいい女として扱われているようなものなので、かなり腹が立ちますね。

嫌われているわけではないけれど、もし女性側に結婚願望があるのであれば、この場合の「ずっと一緒にいよう」は残酷な言葉かもしれません。

(3)将来的には結婚を考えている

『いつかは結婚したいな…と思っています。でもまだその時じゃないんですよね』(28歳/コンサル)

「今すぐに結婚を考えているわけではないけど、将来的には結婚を考えている」という意味で、この言葉を使う男性もいます。
仕事や金銭面、精神的な意味で、結婚は男性にとっては一大事。
完全に心の準備が出来てからでないと、なかなか「結婚しよう」とストレートに言うことは難しいのです。

もしも、今まで愛を育んできた誠実な男性から「ずっと一緒にいよう」と言われたら、近々本物のプロポーズをされるかもしれませんよ!

(4)特に何も考えずに言っている

『口説き文句に使ってるだけさ!ハハッ』(27歳/レジャー)

特に深くは考えず、「彼女が好きだから」という理由のみで「ずっと一緒にいよう」と言う男性もいます。
また、2人のムードが高まったラブラブなときに、雰囲気で「ずっと一緒にいようね」という言葉が出る場合もあるでしょう。

この場合は結婚の意味は全く含んでいないので、期待するだけ無駄だと思った方がいいと思われます。


「ずっと一緒にいたい」という言葉の裏には、男性の様々な本音が隠されています。
残念ながら、「結婚したい」という意味で使う男性はそれほど多くないのかも。

「ずっと一緒にいよう」という言葉だけで判断せずに、彼の性格や2人の愛情の深さでプロポーズか他の意味かを判断するといいでしょう。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)