男性は、褒められると嬉しく思います。
もう、ワンランク上の、さり気なく褒めることを極めると、男心をギュッと掴みます。
今回は、男が喜ぶ「さり気褒めセリフ」を、紹介していきます。

(1)「落ち着く」

『自分に心を許している感じが伝わるから』(26歳/広告)

「落ち着く」ということは、包容力があると言われているように思えて、男性は喜びます。
男性にとって、女性を守れる存在であることは、大きな自信に繋がるのです。
男性の自尊心をくすぐる言葉です。

一緒にいる時に、リラックスしている感じを出しながら、言うと良いですね。
この時、ニッコリと微笑むことも忘れずにしましょう。
素を出してくれていると分かると、男性は、もっと守ってあげたいと思うようになります。

(2)「あったかい」

『いくらでも暖めてあげたい』(26歳/コンサル)

「あったかい」という言葉も、女性のことを包み込んであげられる存在だと認識します。
頼れる存在であり、一緒にいたい相手であるという意味に、男性は変換してくれるのです。
また、あったかいは幸せのイメージがあり、女性が幸せを感じてくれているように思い、嬉しくなります。

「○○君ってあったかいよね」でもいいし、「一緒にいるとあったかいね」でも良いです。
一緒にいることが心地よいと、伝えることが大事なのです。

(3)「フィット感あるよね」

『両想いな感じがして照れる』(29歳/商社)

「フィット感あるよね」という言葉は、相性の良い相手だと言われているようで、嬉しくなります。
女性からすると、体温や肌質など、寄り添っている時に安心できる相手ということですよね。

ハグをしている時が、一番おススメです。
見つめながら言うと、男性はドキドキしてしまいます。
また手を繋いでいる時でも良いですね。

(4)「やっぱり○○くんだよなぁ」

『自分が一番だと言われてる気分になる』(32歳/金融)

「やっぱり○○くんだよなぁ」という言葉は、頼りにされているようで、嬉しくなります。
男性は頼られることが大好きです。
また自分でなければいけないという、特別感を感じます。

この言葉は、意外に万能な言葉です。
どのような場面でも、使うことができ、男性に優越感を与えることができます。

「なにが?」と聞かれたら、「なんとなくそう思ったの」で大丈夫です。
具体的な説明をしなくても、男性は良い意味でとってくれますよ。


男性は自分を褒めてくれる女性に、関心がいきます。
さらっと褒めることで、男性の自尊心をくすぐります。
大袈裟に褒めても嬉しく思いますが、毎回大袈裟であると、嘘っぽく聞こえてしまうものです。

さり気褒めして、男性の心を掴んでしまいましょう。

(文/恋愛jp編集部)