お互いに好意を寄せあう男性と二人きりになったら、いつかはエッチに誘われますよね。
相手のことが好きで心の準備が出来ていれば断る理由はありませんが、男性は相手が本命のじゃなくてもエッチには積極的です。
そのため女性側には、つねに(遊ばれているのか)という不安が付きまといます。

今回はそんな不安の解消に役立つ『男性が本命彼女だけに送る「エッチのお誘いサイン」』を紹介しますね。

(1)バックハグしながら耳に息を吹きかける

『彼女の照れた顔が見たいから』(24歳/企画)

性欲が高まって興奮している男性は、多少強引にでもエッチをしたがるというイメージがありますよね。
しかし相手が本命の場合は、嫌われたくないという意識が強くはたらくので、エッチしたいと思っても急に押し倒すようなことはしません。
そのため彼女に近づいてバックハグをしながら耳に息を吹きかけるなど、女性側の気持ちも盛り上げるムード作りをしようします。

逆にいえば、女性側に心の準備をさせずに、強引にエッチをしてくる場合は遊び相手だと思われている可能性が高いので注意しましょう。

(2)ご飯作ってる彼女に悪戯し出す

『ご飯作ってる彼女を見ると、愛されてる感が伝わるので手を出したくなるんですよねー!』(27歳/広告)

男性が遊び相手に求めているのはエッチだけですが、その一方で本命の女性ほど強い性欲を感じないという特徴があります。
遊び相手の女性が料理をしている時は、それを邪魔してまでエッチに及ぼうとはせず、ひとまず食事を済まそうと考えます。
しかし相手が本命の彼女が相手の場合、無防備に背中を向けて料理をする姿を見ている彼氏はムラムラと湧き上がる性欲に耐えられなくなることも。

嫌われたくないので強引な行為には及びませんが、用もないのに彼女に近寄り、悪戯をすることで気持ちを紛らわそうとするんです。
したがって、ご飯を作っているときに我慢できないといった感じでちょっかいを出してきたら本命だと思われている可能性が高いです。
料理中はいつも素知らぬ顔で床にねそべり、テレビや雑誌を見ているだけなら遊び相手だと思われているかもしれません。

(3)玄関のドアを閉めた途端、キスをし出す

『ずっと我慢していた僕のリビドーを解放する時が来た』(25歳/不動産)

男性は本命の彼女にたいして乱暴なことはしませんが、同時に遊び相手よりも強い性欲を感じています。
デート中に無理やりホテルに連れ込むようなことはしませんが、エッチを許される状況になった途端に性欲を剥き出しにします。
そのためデートを終えて帰宅し、玄関のドアを閉めた途端に我慢しきれないといった様子でキスをしてきたら本命である可能性が高いですよ。

遊び相手だと思われてる場合は、彼氏が興奮したタイミングで路上キスされたり、近場のホテルに連れ込まれます。
男性のこうした行為を区別しない女性が多いですが、遊び相手にされないためにはしっかりと違いを見分けることが大切ですよ。

(4)寝起き時に朝立ちしたアソコを押し付ける

『日の出がキックオフの合図です』(31歳/メーカー)

彼氏がまだ若かったり、スポーツなどをしていて元気な場合は、夜にエッチをしても翌朝には朝立ちしています。
主にこれは明け方に男性ホルモンの分泌量が増えるなど、身体の仕組みによって起きる現象なので、男性に性欲があるとは限りません。

そのため、一緒にいる女性が単なる遊び相手の場合は、朝立ちしても眠さの方が勝ってエッチしない場合が多いです。
相手が本命の女性の場合だと、1回でも多くエッチしたいと思うので、朝立ちを利用してエッチをしたがる男性が多いですよ。

朝立ちを押し付けてエッチしたいとアピールしてきたら、相手の男性に本命の彼女だと思われている可能性が高いんです。


以上、『男性が本命彼女だけに送る「エッチのお誘いサイン」』を紹介しました。
本命の女性をエッチに誘うときの男性は、いかにも我慢できないといった感じの積極的なサインを出すんです。
つまり、男性がどこか冷静な態度でエッチに誘ってきたら、本命の女性は別に居てただの遊び相手にされている可能性があります。

恋人のつもりがセフレ扱いをされていた……。
そんな悲劇を避けるためにも、ぜひ紹介した内容を参考にして男性の本音を見抜いて下さいね。

(文/恋愛jp編集部)