女性はいつまでも可愛いと思われたいですよね。
そう思われたかったのに、ひかれてしまった経験ありませんか。

可愛いとぶりっこの違いはなんでしょうか。
とても紙一重ですよね。

女性から見てぶりっこなのに、男性から好かれる子。
一方で、男性からも可愛くないと思われるぶりっこ。

男性がシラケる可愛くないぶりっこの特徴を4つご紹介します。

(1)自称天然

『天然は自称するものではないと思う』(26歳/コンサル)

いますよね、こういう女の子。
「私、天然なんです」と自分で言ってるぶりっこ。
実は計算なのに、天然女子を演じています。

ドジなふりをしてみたり、周りの注目を集めようとしています。
この言葉の返事にも男性は困ってしまうのです。

計算高くても好かれるのは、ごく一部の男性からだけと思っておきましょう。

(2)声がでかい

『もう少しボリュームを落としてほしい。いちいち注目を浴びようとしてるのが一緒にいて恥ずかしい』(31歳/IT)

やたら声が大きくて、オーバーリアクションなぶりっこ。
大したことでもないのに、両手を口に当てて「えー!」と言っているタイプです。
このタイプも、私をみてほしいと思っている女ですね。

このぶりっこは、周りの人をイライラさせます。
ただのうるさい女になってしまっているからですね。
一度、客観的に自分のことを見てみましょう。

(3)猫なで声

『身の毛がよだつ』(27歳/企画)

明らかに作られた声って分かりますよね。
いくら男性でもわかってしまうのもなのです。
そんな計算された声にひいてしまう男性は多いですよ。

しかし、可愛い声の女性もいますよね。
可愛いかぶりっこだと思われる声は、何が違うのでしょうか。
それは、あなたにとって自然な声かどうかです。

誰が聞いても、耳障りだったり、不自然な声だから嫌われるのです。
そして、いくら男性でもその計算高さがばれてしまいます。
自分にあった自然な声で、男性をシラケさせないようにしましょう。

(4)何でも「できない」と言う

『できないことが多すぎるのも考え物だね』(29歳/不動産)

いろいろなコラムを読むと、男性は頼られたい、と書いていますよね。
そうなんです。
男性は頼られたい生き物なのです。

しかし勘違いをして、いつでも何かあると男性を頼るぶりっこ。
これは間違いなのです。
男性からすると、自立していない、人任せな女だとうざがられてしまいます。

男性を頼るときは、自分でしてみたけど、どうしてもできないときだけです。
だからこそ、男性もそこまでできないなら…と思いますよね。
それに、そのタイミングで頼ることで、彼の価値もあがります。

俺だから頼ってくれたのか、と。
そして、難しいことでも快く助けてくれるでしょう。


いかがでしたか。
間違いだらけの計算で、男性をシラケさせてしまうぶりっこの特徴がわかったでしょうか。
周りから白い目で見られない、可愛げのある女性でいましょうね。

(文/恋愛jp編集部)