愛情の確認だけではなく、お互いが信頼しあっているからこそできるハグ♡
ハグをすることは、毎日の疲れやストレスが癒される大切な時間です。
今回は、男性が寒い夜に彼女としたいハグのシチュエーションを4つご紹介♪
パートナーとなる彼女のみなさんは、彼の男心を理解し、いつでもハグができるよう、ココロをやさしく持っていてくださいね♡

(1)「寒いね…」とハグ

『身も心も暖かくなるから』(26歳/IT)

寒いね…と言いながらのハグなら、自然に抱きしめてもらうことができるので、ちょっぴりシャイな男性でも彼女に受け入れてもらえるという期待の気持ちを抱いています。
寒い夜にはやっぱりお互いの体温を感じながら抱きしめあい、愛情を再確認したいもの。
お部屋の中で、駅のホームで寒さを共有しながらハグすることでココロも温めあってみてはいかがでしょうか♡

(2)「暖とらせて…」とハグ

『寒いとくっつきたくなるよね』(29歳/PR)

男性って、基本的にはとってもシャイなのでハグがしたいと思ってもストレートに言葉に出せないことが多いんです。
暖とらせて…というセリフなら寒い夜にハグをしたいという気持ちをさりげなくアピールできます。
男性は甘えん坊なところがあるので、いつだって彼女に抱きしめてもらえるようなハグを望んでいます。

暖とらせて…と男性がつぶやくように言ったり、そんな素振りを見せたのなら、女性の方から包み込むようなハグをしてあげましょう。

(3)「美味しいね…」とハグ

『一緒に美味しさを共有できる相手がいて、幸せだな…と思えるから』(27歳/コンサル)

男性にとって彼女の手料理は、他のどんなグルメよりも嬉しく美味しく感じます。
ハグできるきっかけになるふたりの食事の時間をたくさん設け、女性は料理の腕を磨きましょう♪

男性にとって彼女の手料理は気持ちも温まる逸品!
たくさんの気持ちが詰まったハグでさらにふたりの愛情を深めてくださいね☆

(4)「お休み…」のハグ

『寒い夜でも抱き合って寝れば、良く眠れますから』(29歳/金融)

カップルにとって一緒に眠れるほど幸せな時間はありません。
眠るときのタイミングほどハグがたくさんできる時間はないので、このときにたくさんハグをしましょう。

男性は特に眠るまでの時間に腕枕をしたり、愛を語ったりしながらハグをしたいという気持ちが強いもの。

ふたりで眠る時間をたくさん設け、必ずお休みのハグをすると、次の日は一日中HAPPYな気分で過ごせますよ♪


いかがでしたか?男性の好きな寒い夜のハグテクを知っておくと、いつでも相手を喜ばせることができ、あなたへの愛情もウンと深まります。
もっと積極的にハグをして、これからもずっと彼と幸せな時間をつくっていってくださいね♡

(文/恋愛jp編集部)