みんな大好きプチプラ服。
ですが「通販で買ったはいいけど、安見えしすぎて使えない」なんてことはありませんか?
プチプラ服を少しでも高見せするためのテクをご紹介します。

お財布に優しいプチプラ服を、もっと活用しましょう。

(1)色使いはモノトーン

『モノトーンでまとめるのが無難ですよね。多少安い服でも高く見える』(27歳/IT)

プチプラ服の色は、モノトーンが絶対におすすめ。
白や黒は、色物にくらべて素材感が目立ちません。

下手に色物の服を選ぶと、プチプラ服の安い素材感が目立ち、もろに安見えすることがあります。
その点、白や黒のモノトーンは、実際より高見えすることが多いです。

とくに通販で色物を購入すると、届いてから素材感にガッカリすることがあるのでご注意ください。

(2)シンプルなデザイン

『柄物って高い服でも安っぽく見えるよね』(26歳/企画)

無地などのシンプルなデザインは、柄物の服よりも高見えすることが多いです。
柄物の服は素材感が目立ちやすくなるので、とくに通販では要注意。

店に直接選ぶなら、柄物でもかまいません。
プチプラブランドでも、たまに高見えするアイテムがあるからです。

しかし多くのプチプラ柄物服は、残念ながら安見えします。
素材の安っぽさが強調されるので、やめておいたほうが無難でしょう。

通販を利用する場合は、シンプルなデザインを選ぶようにしてください。
コーデによって高見せしやすく便利です。

(3)差し色はトレンドカラー

『ファッションセンスって差し色の入れ方で決まると思う』(25歳/看護師)

デザインや色使いをシンプルなものにしたら、差し色にはトレンドカラーを使いましょう。
トレンド感をプラスすることでオシャレに見える、うれしい効果も。
さらに差し色アイテムに高見えするものを選ぶと、コーデ全部が高見えしてお得です。

今シーズンはピンクや赤、マスタードが差し色としておすすめ。
インナーやバッグに積極的に取り入れましょう。

(4)着丈にこだわる

『着丈にこだわれない人は何を着てもダメ』(25歳/保育士)

着丈にこだわってトレンド感をアップさせるのも、重要な高見えテク。
プチプラ服は丈感が合っていないものも多く、実際に着てみるとおばさんのように見えることも。
下手をすると、実際の購入金額よりもさらに安く見えます。

とくに注意したいのが、スカートやパンツです。
トップスはコーデによってごまかせますが、ボトムの丈はごまかせません。
ボトムはできるだけ試着して選ぶのが重要です。


プチプラ服は、安いのでつい買ってしまいがちです。
しかし通販の場合は、届いてからがっかりすることもあるでしょう。

最近の通販は返品可能なことも多いですが、面倒な手間を考えるとできるだけ返品は避けたいものです。
手間を省くためにも、色使いやデザインをしっかり選んで購入するよう心がけましょう。
さらに差し色アイテムを高級品にすることで、コーデを高見えさせることが可能です。

テクニックを駆使して、プチプラ服を少しでも高見えさせたいものですね。

(文/恋愛jp編集部)