「2回目のデート」とは、男性とってどのような意味を持つのでしょうか。
誘われた女性側は、色々な期待を抱いてしまいますよね。
そんな女性の為に、2回目のデートに誘ってくる男性心理についてご紹介します。

(1)もう一回遊んで”あり”か”なし”が吟味

『もう一回遊んでジャッジをしたい』(31歳/企画)

女性は2回目のデートに誘われると「気に入ってくれたのかな」とワクワクしますよね。
しかし、そのデートは男性があなたを見極めるために誘った、いわば試験の様なものかもしれません。
もう一回遊んでみて、この女性と付き合うのは「あり」か「なし」かを吟味している可能性があるのです。

女性は2回目のデートだからといって気を抜かず、2回目こそ勝負だと思って挑む方が良さそうです。
2回目のデートでの心象が良ければ、幸せをつかむ日もそう遠くないかもしれませんね。

(2)1回目のデートが楽しかった

『この前すごく楽しかったから、また会いたくなっちゃった』(26歳/飲食)

2回目のデートに誘ってくれたということは、当然一回目のデートが悪くなかったという証拠。
1回目のデートが楽しかったからこそ、2回目も誘ってみようと思ったのかもしれません。

2回目のデートが楽しければ、3回目、4回目…とさらに次に繋がる可能性が高まります。
せっかく誘ってくれたのです。
2回目のデートは、女性も男性を楽しませる努力をすることが成功させるコツです。

(3)今度こそ”お持ち帰り”するため

『今後こそ僕のチョモランマをかましてやるんだ』(29歳/営業)

女性としては、できることなら「お持ち帰り」されるだけのデートは避けたいところですよね。
しかし一定の割合でこのような男性はいるものです。
引っかからない為には、どのように見極めれば良いのでしょうか。

ポイントはデートに誘われる時間です。
2回目のデートを「夜」の時間帯しか提案してこない男性の場合、ただの遊び相手としか見られていない可能性が高いでしょう。
誠実そうな男性でも、1回目のデートからボディタッチが多いなどの行動がみられた場合、注意が必要です。

(4)恋に落ちた

『僕は恋という深い深い落とし穴に落ちた…。君以外誰も見えないよ……』(32歳/SE)

男性が女性を2回目のデートに誘う理由として最も多いのは、1回目のデートで恋に落ちたからというもの。
気になる女性との関係を、より深めていきたいと考えてる男性が多いようです。

女性も恋に落ちたからといって、1回目のデートでいきなり告白というのは中々できませんよね。
男性も同じで、徐々に段階を踏んで女性とコミュニケーションをとりたいと考えているのです。

2回目のデートに誘うということは、どういう理由であれ悪い印象じゃないのは確かです。
関係が浅いと、相手が何を考えているのかわからず不安になることも多いですよね。
しかし、せっかく2回目のデートに誘ってくれたのですから、楽しむことを心掛けましょう。


楽しんでいる女性の表情をみて、男性も次に誘いやすくなることでしょう。

2回目のデートに誘う理由は、その男性によって異なるようです。
好きになってくれたのか、それとも身体目当てなのか。
男性の性格をよく見極めた上で、2回目のデートに挑んだ方が良さそうです。

(文/恋愛jp編集部)