「ヤリ捨てされた…」
「付き合うって言ったのに…」
「都合のいい女になりたくない」

「”悪い男”に泣かされた」と嘆く女性が多い昨今。

「女は男のことをあまりに知らなすぎる。女同士で男を語ったところで、そこに真実はない」
ブランデー片手にそう語る男は続け様にこう言った。

「俺が世の中の女に男の真実を語ってやる」

2名のイケメンが男の本音を大暴露!
「聞かなきゃ良かった…」と思うような男目線の本音で、世の中の女性をぶった切ります。

今回の議題は『”ヤリ捨て”されるのは女が悪い』です!
それでは議論スタート!

⇒2人のプロフィールはコチラ♪

第1回:”ヤリ捨て”されるのは女が悪い

ユキト
なぁ、キョウヘイ。お持ち帰りするつもりだった女に「ヤリ捨てされた…」と被害者意識丸出しのエピソードを話されると萎えるの分かる?
キョウヘイ
ユキトさん、それめっちゃ分かりますよー!僕も健全解散→LINEブロックすると思います。そもそも合意の上でヤってるのに、どうして男が一方的に悪人扱いされなきゃいけないんですかね。すぐ誰かのせいにする人ってその時点で魅力ゼロなのに!
ユキト
まったくだよ…。無理やり迫ったことなんて1回もないのにな。むしろノリノリでホテルまでついてきたのは向こうだし
キョウヘイ
この前ヤッたお姉さんに「最初からヤリ捨てするつもりだったんでしょ」と言われるけど、それも見当違いですよね
ユキト
ただ単にヤってみて合わなかっただけなんだよな。試してダメだからクーリングオフしただけだよ
キョウヘイ
時間は限られてるんだから、ズルズル関係を続けるよりもスパッと終わった方が合理的だと思う
ユキト
そう考えたらスパッと切る方が誠実ですらあるな。ヤリ捨てされた…と嘆く女は男を”悪魔扱い”する前に、まず自分を振り返ってみてほしいよ。ヤリ捨てされるのは単純に”その程度の女”だからだわ
キョウヘイ
つまりは単なる「魅力不足」と
ユキト
そういうこと。人をどうこう言う前に自分の魅力を磨け。女子会で愚痴って飲んだくれてるより、健康的な生活を送って綺麗になる努力をした方が有益だ。

セックスを「付き合うためのツール」に使うな

ユキト
「ヤリ捨てされた…」が口癖の女って1回ヤっただけなのに、付き合う気満々の女が多いよな
キョウヘイ
分かる!僕もこの前「セックスさせてあげたのに付き合ってくれないの…?」って泣かれて困っちゃいました
ユキト
とんだ外れくじを引いたな。もっと俺みたく女の見る目を養えよ
キョウヘイ
この前お持ち帰りした相手がニューハーフだったユキトさんには言われたくない!(笑)
ユキト
うるせーよ!!可愛かったしメスの匂いがしたんだよ!実際はオスだったけどな。話戻すけど、そもそも「セックス=付き合ってからするもの」という認識がおかしいと思うんだよな。現実は付き合う前からパコパコしまくってる訳で
キョウヘイ
確かにね。「セックス=付き合ってからするもの」ってみんな当たり前のように言うけど、実際は付き合った人数より経験人数が多いなんてことはザラ。その時点で破綻してることに気づかないんだよね
ユキト
そういうこと。それに「セックスしたから付き合ってよ」なんて、自分で自分の穴に値段をつけてるようなものだ。そんな取引みたいな恋愛の仕方、絶対嫌だろ
キョウヘイ
でもこっちはその取引に乗らなかっただけで、くそみそに叩かれる。セックスをツールに使ってるのは”自分”なのにね。それに付き合うかどうかを選ぶ権利は男にもあるし、単に自分の魅力がなかっただけなのに”ヤリ捨て”と言われるのはイライラする
ユキト
まぁそこまで頭が回らないから、違う相手と同じことばかり繰り返すんだよな。勝手に男性不信になるのは結構だけど、原因は自分の異性に対するスタンスにある
キョウヘイ
いつまでも他人のせいにして自分に原因を求めないままだと、何も解決しないんだよね
ユキト
女たちが言う”ヤリ捨て”をされたくないのなら、まずは自分自身を見つめなおして魅力を磨くこと。そうじゃなきゃ需要が無くなるまでヤラれて終わり

まとめ

・ヤリ捨てされるのは自分の魅力不足が原因
・セックスを「付き合うためのツール」に使わない
・他人のせいではなく自分に原因を求めろ

キョウヘイ
こうして見ると当たり前のことしか言ってないね
ユキト
まぁな。男女問わずモテる人はうまくいかない原因を必ず自分に求める。その都度、反省して洗練されていくからモテるんだ
キョウヘイ
確かに言われてみたらそうだなぁ。そういう反省ができない人が付き合うためのツールとしてセックスを差し出すしかなくなるんだね
ユキト
そういうことだ。そう考えたら、ヤリ捨てされるのは当然の結果なんだよ。”自分でヤリ捨てされるように仕向けてる”とも言える

第1回「ヤリチン男のゲス委員会」はこれにて閉幕。
清々しいくらいのゲスっぷりでしたね。
「ヤリ捨てされがち…」とお悩みの女性は、自分を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

次回もお楽しみに!