昔からの友人だけど、正直…その洋服なに?と言いたくなるなんて、思ったことないですか?

ファッションはその人の個性、センスの問題。
だからこそ言いにくいものなのかもしれません…。

そこで今回はぶっちゃけダサいと思う女友達のファッションをご紹介します。

(1)わからない文章が書いてあるTシャツ

『なんでも話せる親友ですが、服がダサいとは言いずらいです。仕事に来ていくどうでもいい格好だと思うのですが、わけのわからない文章が書いてあるTシャツを着ていて、もう少し女であることを意識してほしいと思いました』(31歳/医療事務)

(2)柄が大渋滞

『派手なだけで目が痛くなるようなショッキングピンクに、ゴールドの刺繍をあしらったTシャツ、ゼブラ柄のズボンを履いていた。
男が好むような服装で、体のラインがしっかりと出るタイプなのに、柄物が大好き。
上も下も柄ばかりでうるさいのなんのと…。
とりあえず、私としては一応友人だったので反面教師として参考にする程度でしたね』(25歳/アルバイト)

(3)キャラクターTシャツ

『中学生からの長年の親友ですが、32歳になった現在でも、ディズニーなどのキャラクターTシャツを堂々と着けます。
ワンポイントならまだしも、ミッキーやミニーの顔が大きくプリントされてる洋服でも、堂々と着けるので、一緒に歩いていると、少しだけ恥ずかしいです』(32歳/介護士)

(4)工事現場コーデ

『たぶんサルエルパンツだと思うんですけど、どう見ても作業員のニッカポッカにしか見えない。
靴もごつごつしたものを履いるので、作業用なのかな?と思います。
それに、サルエルパンツなんて履いている人今の時代、いないので「いつの時代?」「どこで売っているの?」「それってワークマンで買ったの?」と聞きたくなります。
年齢も30後半なのに、いい歳してなにがしたいのかがわからないですね』(22歳/アシスタント)

(5)全身ノルディック

『学生時代はギャル系のファッションだったのに、社会人になってから森ガール系のファッションに変更していました。
ノルディック柄が全身に入っていたり、草履と靴下の組み合わせなどを着ています。
いつも「個性的なファッションだね」と言っています』(29歳/保険)


いかがでしたか?
目を疑いたくなる個性がぶっ飛んだコーディネートが目白押しでしたね!

ダサすぎる人と、できれば隣に歩きたくないと思う人もいるはず…。
そうならない為にも、柄の入れすぎ、時代遅れファッションには注意したほうがいいかもしれません。

(文/恋愛jp編集部)