こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

デートや合コン、コンパも増える時期。
過去に女性に聞いた「なぜこの店を選んだ!」というがっかりしたお店をご紹介します。

(1)靴を脱ぐ座敷タイプの居酒屋

『過去に忘年会兼ねた合コンを企画しました。
男性幹事の方がお店を選んでくれたのですがどんなお店がいいかいかれたとき
「ブーツを脱ぐお店だと女性は大変だから靴を脱がないお店にして」メールしたのですよ。
ところが予約してくれたお店は座敷の居酒屋でした。
「○○じゃない店」という私のお願いの仕方も分かりにくかったと反省。
次から「カジュアルなイタリアン」とか指定するようにしないといけないなと思いました。』(25歳/出版社)

女性は靴を脱ぐお店が苦手な方も多い。
しかもブーツの季節になると、ブーツを収納できる場所がないお店もあるのです。

(2)煙草くさいお店

『会う前はタバコを吸わないと聞いていたのに、分煙されていないお店だった』(27歳/金融)

お店選びの時に「何を食べたい?好き嫌いある?」ぐらいは聞くかもしれませんが煙草まで確認していない方は多いかも。
吸わない方からしたら耐えられないもの。
美味しい料理も匂いのせいで美味しく感じないですよね。

(3)ファミレス、ファーストフード店

初デートでファミレス、ファーストフード店だったというお話しもよくききます。
学生感覚なんでしょうね。

どのお店も「そんな奴いるの!」「信じられない!」と思われるかもしれません。

多くの女性が思う「普通の男性」は一定レベル以上のコミュニケーション力を持った男性だけみて「普通」と思っている。
視界に入っていない普通以下の人間のオスが大勢いるのです。

男女に限らずいえることかもしれませんけれど、自分を棚上げして「いい男」「いい女」に対しては理想を持てます。
20代後半になり彼氏もいないと、婚活パーティーやらにいくようになるとそういう普段は視界に入れなかったレベルの男性と会うことになる。

自分も残り物だけれど自分が残り物の自覚はない。
自分だって何かしら相手目線で見たら「普通」が欠落しているのだけれど相手にだけ「普通」を求めてしまいがち。

かつて地方で開催される婚活セミナーの講師をさせていただいたときにも基本マナーとして初デートのお店の基準として
・注文がセルフではなくて席にオーダーをとりにくるお店
・分煙されているお店
・席と席の感覚があり隣の席に話し声があまり聞こえないお店

「よってファーストフード店はダメですからね」と伝えたことがありました。

そこが一番参加者のペンが動いていた記憶があります。


がっかりしたお店を選ぶ男性はあなたの予想以上に多いのかも。
だから「ダメ」ではなく相手を育てるとかお店は自分が決めて「ここに行きたい」というとか自分を変えていきたいものですね。

●ライター/菊乃(出会いゼロ女子の恋愛コンサル)