本人には言えないけど彼に絶望した瞬間ってありませんか…?
せっかくのデートなのにジャージできたり…。
逆に、男性が女性に思うこともあるみたいですよ。

そこで今回は男子に聞いた「デートに絶望した瞬間」にまつわるエピソードをご紹介します。

(1)店員への態度が悪い

『彼女が店員さんなどに不遜な態度をとった瞬間、自分には普段そんな態度をとらないため、相手によって態度が変わる人間だと認識したため。
その後、彼女に説教をしたので、私の前ではそのようなことはなくなりました』(31歳/営業)

(2)元カレ話

『元彼の話をずっとされた時。
しかも食事しているときで食事を楽しみたいのにどうでも良い話をされて冷めた。
その日は仕事が入ったと言い、さっさと家に帰った』(28歳/人事)

(3)露出の高い服装

『普段は仕事終わりなどに会っているためビシッとビジネスカジュアルなのですが、久々の休日デートと言うこともあり気合が入っていたのか露出の多い服装でした。
その後、彼女にきちんと事情を話し合いをし、そんな小さいことからでも今では何でも言い合える中になっております』(32歳/経理)

(4)悪臭

『一緒にいるときや距離が近いときに臭い匂いを感じたときは正直残念な気持ちになって冷めてしまった。
遊んだりしたものの夜は食事だけして解散しました』(25歳/パティシエ)

(5)くちゃくちゃ食べる

『食事の際に、クチャクチャと音を立てて食べているとき。
品のない女性には冷めてしまいます』(29歳/塾講師)


いかがでしたか?
ご飯に行っても、店員さんにキレたり食べ方が汚い女性とは、一緒に行きたくないもの。
最低限マナーと相手への思いやりが重要なのかもしれませんね…!

(文/恋愛jp編集部)