突然ですが、彼に“好き”と伝えていますか?
いつもの態度で伝わっているだろうと思ったら大間違いです。
“好き”という気持ちは、言葉で伝えることが大切。

今回は、彼に本命認定される“好き”の伝え方について、紹介していきます。

(1)目を見て伝える

『目を見て言われるの一番ドキッとする』(26歳/企画)

どうしても、“好き”と伝えるのは恥ずかしかったり、照れくさかったりしますよね。
しかし恥ずかしいからと下を向いて言うと、冗談やからかっているように取られてしまいます。
やっぱり、相手の目を見て伝えることは大事です。

目は言葉よりも、気持ちを伝えることができます。
目を見て言うことで、本当の“好き”という気持ちが彼に伝わります。
特にあまり“好き”と彼に伝えていない女性が、目を見て伝えると、彼をドキッとさせられますよ。

(2)バッグハグをしながら伝える

『そんな密着して言われたら、キュン死にしてしまうよ…♡』(27歳/飲食)

恥ずかしかったり、照れくさかったりして、目を見て伝えるのは難しいという女性には、バックハグしながら伝えるのがオススメです。
バックハグだと、顔を見ないので“好き”と言いやすくなります。

ハグは、愛情表現の一つですよね。
ハグをしながら“好き”と言うと、本気度が伝わりやすいのです。

バックハグは、不意打ちであり彼をドキッとさせられます。
それと同時に背中から体温が伝わり、彼の心を安心させるでしょう。

(3)涙目になりながら伝える

『切実度が伝わります。こんなに自分のことを思ってくれてたんだ…と僕ももらい泣きするでしょうね』(27歳/不動産)

少しあざといように感じますが、男性は女性の涙に弱いものです。
涙目で“好き”と言われると、守ってあげなければという、男性の本能が働き、本命認定します。

しかし涙目にしようと思っても、簡単にできることではないですよね。
実はわざわざ涙目にしようと思わなくても、大丈夫なのです。

女性は、恋愛すると「恋愛ホルモン」が分泌され、自然と目がウルウルした状態になります。
つまり彼のことが大好きと思いながら、彼に“好き”と伝えれば、勝手に涙目になると言えるでしょう。

(4)プレゼントをあげる時に伝える

『プレゼントに心を込めてくれたのが伝わるから』(29歳/金融)

彼にプレゼントをあげる時は、記念日など二人にとって大切な日ですよね。
そんな時に、プレゼントと一緒に“好き”という言葉も送ると、本気度が伝わります。
彼も、彼女のことを大切にしなくてはと思うのです。

またプレゼントは、感謝の気持ちも一緒に伝えられますよね。
プレゼントに込めた気持ちを、彼に伝えることが重要です。

いつもは、“好き”という気持ちや、感謝の気持ちを伝えられなくても、特別な日には伝えやすいです。


“好き”という気持ちが彼に伝わっていないと、彼も不安になっているかもしれません。
言葉で“好き”と伝えることは、恋人同士であっても、大切なことなのです。
彼に“好き”と伝えてないなと思ったら、是非彼にあなたの“好き”を伝えてみて下さいね。

(文/恋愛jp編集部)