こんにちは、コラムニストの愛子です。
初対面の男性と会話が弾まない、仲良くはなれるけどいつも友達止まり、すぐ彼氏はできるけど毎回長続きしないなど、人それぞれ恋のお悩みがあるかと思います。

そこで今回は、そのどれもの悩みを解消し、最短で愛され彼女になる方法を、心理学を用いてご紹介します!

(1)共通点を見つけて仲良くなる

男女問わず初対面の人と仲良くなりたい場合は、まず共通点を見つけることから始めましょう。
どうして共通点が大切なのかと言うと、人は自分と似ている相手に魅力を感じやすいからです。
態度や考え方、趣味や社会的水準など、共通する部分が多い相手と接すると、人は自分の行動や解釈に妥当性を感じられるので、自尊心を保つことができます。

だから人は、類似性が高い(共通点が多い)相手を魅力的に感じることが多いのです。
この法則を心理学では「類似性ー魅力理論」または「類似性の法則」と呼びます。

合コンや婚活パーティーでなかなか会話が弾まない方は、相手との共通点を探すという目的を持って、質問したり自分の話をしたりしてみてください。
出身地や好きな食べ物、ハマっているテレビ番組など、どんな些細なことでもOKです。
きっとそれだけで今までの何倍も会話が弾み、次の約束に繋がりやすくなると思います。

(2)相違性をアピールして恋に発展

類似性だけで仲が深まる場合もありますが、それだけでは友達止まりになってしまうケースも多いでしょう。
男友達は多いのに彼氏ができない方は、この罠にはまっているのかも?

多くの人が恋心を抱くのは「自分にはないもの」を相手が持っていると感じたとき。
それによってその人のことを「もっと知りたい」と感じたときなのです。
つまり恋愛に発展させるには相違性も重要ということですね。
そしてもっとも恋愛感情につながりやすい相違性とは、いわゆる「男らしさ」や「女らしさ」と呼ばれるものです。

初対面のときに気になる男性と共通点をたくさん見付け、デートの約束が出来たなら、次にアピールすべき点は「女性らしさ」です。
どれもさりげなさが重要ですが、肌見せ、ボディラインの強調、いい香りを纏う、家庭的な一面を見せるなど、ベタなことを自然にやるのが効果的だと思います。大切なことなのでもう一度言います。あくまでも「さりげなさ」が重要なので、わざとらしくならないように気を付けてくださいね。

また言うまでもなく、男らしさ、女らしさ以上に大切なのは「自分らしさ」ですので、相手の気を引くために無理をして自分らしくない行動をするのは止めましょう。
自分の中から無理なく引き出せる女性らしさを伝えることが出来れば十分です。

(3)共通の価値観を築き末永く幸せに

類似性でお近づきになり、相違性で恋に発展させ、晴れて交際がスタートしたら、そこからはまた共通点が重要になってきます。

でも今度は、初対面のときにたくさんかき集めた表面的な共通点ではなくて、もっと人生の核となるような大きな共通点、つまり「共通の価値観」を築いていくことが大切です。それが大きくズレたままでは、遅かれ早かれいつかその恋は終わりを迎えるでしょう。

自分の考えを押し付けるだけでも、相手に合わせるだけでも上手くはいきません。
お互いの正直な気持ちを伝え合い、理解し合い、歩み寄り、段々共通の価値観って築かれていくものだと思います。
「これからもこの人と一緒に過ごしたい」と思える素敵な相手に巡り合えたなら、ぜひ同じ方向に向かって歩いていくこと、そしてその意志を相手にも持ってもらうことを意識して接するようにしてみてください。


いかがでしたか?
きっとこの3ステップを踏むことが、愛され彼女になる最短ルートではないかと思います。

【参考文献】
・『心理学検定 基本キーワード』日本心理学諸学会連合 心理学検定局・編(実務教育出版)

●ライター/愛子(アンメラダイエットアドバイザー)