病気になったとき、体が弱ることでどうしても心も弱くなってしまいます。
そんな時こそ、彼に結婚を決意させるスペシャルチャンス!
ポイントを押さえた看病で、彼との結婚を一気に近づけちゃいましょう♪

(1)差し入れを買ってきてくれる

『プリンを買ってくる女の子はセンスいいと思います』(25歳/企画)

普段の何気ない時の差し入れもうれしいですが、病気で弱っている時の差し入れは格別です。
買い物に行けないのを気遣っての差し入れは、彼の心を一気に結婚に傾けさせるきっかけになりそうです。
ここで大切になってくるのが差し入れのセンス。

病気の時には食欲がなかったり、水分補給が大切だったりします。
水分補給にぴったりなスポーツドリンク、ビタミンが取れるオレンジジュースなどの飲み物。
またプリンやゼリーなど、喉を通りやすいものもうれしいですね。

センスの良い差し入れで彼を元気づけ、彼のハートを鷲掴みしましょう。

(2)料理を作ってくれる

『なんて美味しいおじやなんだ。僕と結婚しよう…』(29歳/コンサル)

一人暮らしの彼にとって、病気の時にしてくれる料理は本当にうれしいものです。
おかゆやうどんなど、消化しやすいおなかに優しいものを作ってあげましょう。
昔風邪を引いたときにお母さんが看病してくれたことを連想させられたら、こちらのもの。

彼にとってのお母さんになってしまってはいけないけれど、母親と同じような無償の愛情を感じてもらうことは大切です。
また、自分のために一生懸命料理している姿は彼の心をきっと動かすはずです。
彼の回復を祈って、心を込めたお料理をふるまってあげてくださいね。

(3)洗濯など身の回りの世話をしてくれる

『奥さんっぽいことをされるのに弱いです』(27歳/商社)

病気の時に家事を代わりにしてくれる彼女にも、男性は結婚を意識するようです。
将来結婚した時のことを、彼女が家事を代わりにしてくれている様子をみて、想像するからかもしれませんね。
病気の時に溜まってしまう洗濯や掃除、誰かが代わりにやってくれるというのは本当に助かるものです。

普通面倒ないろいろなことをやってくれることに無償の愛情を感じることも結婚を意識する一つの要因なのかもしれません。
彼が病気で苦しんでいるときは、出来ることはなるべくしてあげて、彼の気持ちを掴みたいところですね。

(4)嫌な顔をせずに隣にいてくれる

『ただ隣にいてくれるだけでそれでいいんです…。人がいるだけですごく楽になる』(25歳/人事)

最後に、何かしてあげるわけでなく「嫌な顔をせずに隣にいてくれる」ことも彼が結婚を考える一つのきっかけだということを紹介します。
風邪を引いた人と一緒にいると移ってしまうかもしれないので、好きな人でなければ離れたいところですよね。
ここで離れずに、嫌な顔一つせず看病してくれる彼女に感謝と愛おしさを感じるようです。

また病気になってしまうと、せっかくのお休みでも出かけることはできません。
そんな時に、つまらないという素振りを見せず、自分の心配をしてくれる彼女であれば、一生添い遂げたいという感情が生まれるのかもしれませんね。


以上、彼が「結婚したい…」と思う彼女の看病についてご紹介しました。
彼が病気になってしまったら、早く治るようにと心を込めて看病し、彼のハートをつかみましょう。

(文/恋愛jp編集部)