人のインスタを見て「この人痛い」と思った経験はありませんか?
自分では気づいていなくても、他人から見ると痛い人になっていることもあるでしょう。
今回は、とくに男子ウケの悪いインスタのNG投稿をご紹介します。

(1)自撮り写メ

『実物を知っている人の加工写メは見てられないです……』(31歳/不動産)

自撮り写メは自意識過剰ぎみに思われ、男子ウケが良くありません。
自己中心的なイメージで、付き合ったら自己中が炸裂しそうな気にさせられます。

さらに自撮り写真が、実物とはかけ離れている場合は最悪です。
とくに写真を加工して、実物の何十倍もかわいく見せるなんて、絶対にNG。
加工しすぎて、もはや別人になっていることも。

実物を知らない他人から見ると「かわいいな」で終わりますが、知人から見ると痛すぎます。
自撮りよりも友達や家族に撮ってもらい、写真加工はやめましょう。

(2)リア充アピール

『いちいち目障りなんだよ』(29歳/メーカー)

インスタに投稿するための写真を、日々気合いを入れて撮っていませんか?
友達との旅行中や、彼とレストランに行ったときにも写真ばかり撮る人がいます。
友人や彼氏との会話もそっちのけで、写真ばかり撮る人は、はっきり言ってウザがられるでしょう。

インスタでリア充アピールするために、写真を撮ることがメインになっている女子は多いです。
インスタを見てもアピールしている感があり、自然ではありません。
リア充アピールは、ほどほどにしましょう。

(3)セレブ気取り

『金のかかる女はモテないよ』(27歳/人事)

ブランド物の服や、オシャレなカフェ、高級レストランでの写真ばかりアップするのもNGです。
本物のセレブ女子なら自然に見えますが、ほとんどの場合はセレブを気取っているだけでしょう。
背伸びしている感が満載なので、やめたほうが無難です。

また、あまりにも高級なブランド品ばかりアップしていると、水商売をやっているととられかねません。
身の丈に合わせて、写真をアップするようにしましょう。

(4)自分語りがうざい

『どうでもいい投稿で俺のタイムラインを汚すな』(29歳/営業)

インスタに、自分語りの長文をアップするのはやめましょう。
中には人の写真のコメントにまで、自分語りの長文を記載する人がいます。
不特定多数が見るインスタでは、うざいと思われることもしばしば。

インスタにかぎらず、SNSで自分語りをするのは、やめたほうが無難です。
本人はよくても、周りは冷めた目で見ていることも。
自分語りがしたいなら、誰の目にも触れない日記で、思う存分するのが吉です。


男子に嫌われるインスタのNG投稿を、4つご紹介しました。
ドキッとした女子はいませんか?

心当たりのある人は、男子から痛い女と思われないよう、投稿内容を見直したいものですね。
インスタでの好感度大を目指していきましょう。

(文/恋愛jp編集部)