「彼からLINEがこない」「よく既読スルーをされてしまう」「いつも自分からLINEを送ってしまう」そんな連絡無精な彼氏に対して悩みを抱える女性も多いのではないでしょうか。

「愛されていないのでは……」と不安になる方も多いかと思いますが、人によっては連絡頻度の高さ=好意の高さとも言えない場合もあります。

連絡無精の男性は「とくに話す要件がないから送ってないだけ」「雑談のLINEを自分から送る習慣がない」ということも。

(1)あいさつLINEをする習慣をつける

おはよう、おやすみ、おつかれさま等、まずはLINEであいさつをし合うことを習慣にしていきましょう。
あいさつに対してはあいさつで返せばいいので、彼もどんな返信をすれば良いのか悩むことは少ないはず。

「あいさつLINEがほしいな」ってあらかじめ伝えるのも良いですね。

(2)おそろいのスタンプを使う

おそろいのスタンプで会話すると、連帯感が生まれて楽しくラリーが続くことがあります。まさにLINE上のミラーリング効果
まずは彼が愛用しているスタンプとおそろいのスタンプを買う、もしくは自分のお気に入りのスタンプをプレゼントしてみましょう。

スタンプは見ていてほんわかするゆるふわ系、おもしろ系がおすすめです。

(3)男の子が好きそうなご飯画像で飯テロ

カレー、ラーメン、ハンバーグ、豚の角煮、餃子など、男の子が好きそうなご飯画像で飯テロしてみましょう。
チョコやケーキなどのスイーツもおすすめです。

ご飯の画像であれば「おいしそう」という感想も返しやすいですし「飯テロするな!」というツッコミをしやすいです。

(4)写メを送った後に「あなたも送って」と言う

彼に自撮りや飯テロ画像、などの写メを送った後に「あなたが最近撮った画像も送って!」と言ってみましょう。
「何を返してほしいか」を具体的に提示することで、彼もLINEが返しやすくなります。

画像を返してもらったら、「これはなに~?」という形で詳細を聞いたり、感想を送って会話を広げていきましょう。

(5)彼が好きなものについて質問する

人は自分が興味あるものについては語りたいもの。
彼が好きなものについて「教えて~」という形で聞いてみるのも手です。
自分が好きなものについては、気持ち良く語ってくれるはず。

特に男性は頼られるのが好きなので、彼の「教えてあげたい」「頼られたい」という欲求を満足させられますよ。
彼の好きなもの、詳しいことについてばんばん質問してみましょう。


このように、まずは彼が返しやすい内容、返信を習慣化しやすい内容を心がけてください。
挨拶のようなLINEを習慣にしてしまえば、彼からも気軽にLINE送ってもらいやすくなります。

たまに送るのをやめると寂しく思ってもらえるかも?

●ライター/凜乃子(女子ライター)