こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

ちょいワルな感じで魅力的だけど、ハマってしまうと痛い目を見ることが多いS男。
Sっ気が強い男性は総じて「プライドが高い」傾向にあり、付き合うとズタズタに傷つけられてしまうことも。

その上、付き合いが長くなればなるほどその横暴っぷりは高まってくる傾向に。
だからこそ早い段階からS男を見抜き、深入りしないことが大事なのです。

そこで今回はS男のLINEでの特徴をリサーチしてみました。

(1)「w」ばかりがやたら目に付く

『合コンで知り合った超イケメンの男性。
私からアプローチしようと頑張ってLINEを送ってみたはいいけれど……。

たとえば「今日友達と女子会行ってきた」と入れたら、「女子会ってwww」と一言だけ返信。
他にも「イルミネーション綺麗だった」と送れば「イルミってwwww」と、いつも語尾に「w」をつけて、開くたびにモヤモヤする返信ばかり。

イケメンでも二度とコイツにはLINEしない、と思った』(33歳/美容師)

語尾にいつも「w」とつけてくる男性には要注意。
別に笑える内容でもないのに、「w」をつけるのは自分が優位に立っていたいから
要は「女性を小バカにしている」ということですね。

”マジその話(くだらなくて)ウケる”的な意味を含んでいるのが「w」。
相手に対してくだらないという気持ちのバロメーターが上がれば上がるほど「w」は増える仕組みに。

またこういう男性は「短文」でもあります。
相手の送ってきた文章をほぼコピペし、意味ありげに「w」をたくさん生やして返信したり、または「わかったw」「うんw」の一言のみ。

「お前(つまり女性)がもっとトークに花を咲かせろよ」と会話を続けようと努力すらしてくれません。
何気なく使っている人もいるかもしれませんが「w」を多用する男性にいい人はいない、と言っても過言でないでしょう。

(2)返信時間が夜中と早朝

『必ずLINEの返信が午前2時とか。
確実に私が寝た後の時間に返信し、そして5時頃に未読のままでも「おはよう」とか毎日送ってくる。

暗に「俺は2時に寝て5時に起きた」アピールしているとしか思えない。
普通に私が起きてる時間だって返信できるハズなのに……。
これじゃあ会話にならないし、なんだか勝ち負けの対象にされ、遊ばれている気分で別れた』(27歳/会社員)

負けず嫌いの男性もS男認定。
女性にはよくわからない「短時間睡眠自慢」も、S男にありがちです。

「俺、今日睡眠時間2時間でさ……」なんて聞かれてもいないのに、自分で言いだすのはさすがに恥ずかしいため、「LINEの返信時間」で短時間しか寝ていない、ということを必死にアピール

別にそれ自体は害はありませんが、睡眠時間に限らず、全てにおいて「彼女に勝ちたい」と思っている男性は、話している途中でもトークを遮断されることも多く「なんか面倒くさい」と感じる場面に多々ぶち当たります。

生き方全てが勝ち負け、と言えばカッコいいですが、どうでもいいことに関しても負けたくないため付き合い続ける彼女はストレスが溜まる一方。

(3)返信頻度が異常に遅い

『LINEしても返信が来るのは4日後とか……。
その間はずっと未読のまま。
4日間LINE読めないなんてどんな状況だ、と不満に思っていた。

その後、その彼氏と仲のいい友達に聞いたら「わざと」とのこと。
「ちょっとジラすのが気持ちいい」と言っていたらしく「アイツ変態だ」と一気に冷める』(24歳/アパレル)

返信頻度が尋常じゃないくらいに遅いのもS男にありがち。
どう考えても数日返信ができない状況、ってあり得ないのに毎回毎回返信が遅い。

もちろん重要な用事じゃない時は男性は後回しにして忘れてしまうこともありますが、それが「わざと」だった場合はS男に決まり。

“今まで一度も返信が24時間以内に返ってきたことがない”となればわざとの可能性は高くなります。

これはただ”相手が待っている感じを楽しむ”という嗜好の問題であり、言い換えると“相手が不安だと嬉しい”ということ。
まず一緒にいても幸せにはなれないでしょう。

S男をLINEのやり取りだけで嗅ぎ当てるのはそんなに難しくはありません。
生粋のS男は女性を幸せにしたいという感情がないので、彼氏としても、夫としてもあり得ないでしょう。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)