女性が男性にトイレなんて口になかなか出せないですよね。
特にデートの時、トイレに行きたいこと、相手に嫌われたくない一心で到底口にできません。

初デートだと、恥ずかしさやタイミングが分からず、我慢してしまうことも……。
今回は、男がキュンとするデート中の「トイレ行きたい」の伝え方を、紹介していきます。

(1)明るく「おしっこ漏れそう!」

『もう隠し通さないところにびっくりしますけど、察しの悪い男性には効果的ですよね』(22歳/大学生)

遠回しな言い方は、返って恥ずかしく感じるもの。
男性も、遠回しな言い方をされると、何を伝えたいのか分からずに混乱してしまうことも……。

明るく笑顔で「おしっこ漏れそう!」とストレートに言っちゃうことがおススメ。
子どもっぽい可愛らしさに好感度はアップ。
彼も笑いながら「早く行っておいでー」と言ってくれるでしょう。

ただし、少しでも恥ずかしがると、いやらしい印象になるので、あくまでも無邪気に伝えることがコツ!

(2)「お花を摘んできます」

『どんどん発展していくバリエーションが面白くて楽しみです』(30歳/経理)

奥ゆかしさの中に、ユーモアのあるこの言い方は、男性をドキッとさせます。
少し冗談っぽく恥ずかしがって言うのがコツ!
この言い方がトイレに行くことと知らない男性もいるので、最初は分かるように伝えて下さいね。

「お花を摘んできます」が定着してきたら、お花の部分を変えるのもユーモアが出てきます。
「スミレを摘んできます」や「かすみ草を摘んできます」など、バリエーションを増やしていくと、次は何の花を摘んでくるんだろうと、二人だけの楽しみ方ができますよ。

(3)「いい子に待っててね」

『どうしたどうしたと戸惑いましたが、堂々と行く姿がほほえましく感じました』(34歳/人事)

トイレと言うワードを出しにくい人は、この言い方がおススメ。
急に子どもみたいな扱い?と思ったらトイレか…と思い、なんだか可愛く感じるもの。
直接言いづらかったのだろうなと、察してくれます。

子どもに伝えるように茶目っ気のある言い方をするのがコツ!
本気で伝えると、プライドの高い男性ならば、子ども扱いすることにイラッとなることも……。
カフェなど、戻ってくることが前提である場所では、使い易いですよ。

(4)内緒話で「お手洗い行ってくる」

『こそこそと何事かと思い聞いてみると少しドキッとした自分がいた』(24歳/営業)

彼の耳元で内緒話をするように「お手洗いに行ってくる」と伝えると、男性はキュンとします。
言うのが恥ずかしかったんだなと、可愛らしさを感じてくれるはず。
周りの人に聞こえないようにするエチケットがある女性とも思われ、一石二鳥。

内緒話は、距離が近くなり秘密の話をするようでドキドキしますよね。
恥ずかしいことを告白されているようで、彼もドキドキ。
彼との距離も一気に縮めることができますよ。


デート中には避けられないトイレ問題。
トイレは我慢すると、体にも良くないし、デートも楽しめませんよね。
男性に察して欲しいものですが、それは難しいので、可愛らしい伝え方で彼をキュンとさせちゃいましょう。

(文/恋愛jp編集部)