彼氏だからといって、昔のことを何でもかんでも話していませんか?
正直なのはいいことですが、中には封印しておいたほうがいいことも。

彼氏の前で封印するべきな黒歴史を、4つご紹介します。

(1)浮気や不倫の経験

『一緒にお酒を飲んでいたら、彼女がぽろっと私同時に二人の男性を好きになってしまったことがあるの。って言われて僕は気が気じゃなかったですよ』(34歳/IT)

浮気や不倫の経験は、隠すのであれば一生隠し通すことをオススメします。
「昔のことだから、もう時効よね」なんて思って彼に話すのは、絶対にNG。
うっかり口がすべらないように注意してくださいね。

あなたが不倫や浮気をしていたことを彼が知ったら、人間性を疑われる可能性も。
彼に自分の過去をすべて知って受けとめてほしくても、そこは言わぬが花。

どんな事情があったとしても、浮気経験がある人は敬遠されます
彼もあなたの黒歴史を聞くと、あなたがまた浮気をするんじゃないかと不安になるでしょう。

(2)男性遍歴

『今までどのくらいの男性と付き合ったことあるの?って聞いたら30人って言うんですよ。え?みたいな。同い年の彼女なのにそんなに大量の男を踊り食いしてんのかよってビックリしてちょっと無理と思っちゃいました』(23歳/大学生)

「過去に付き合った人数は、両手では数えられない」という人はいませんか?
男性は、付き合う=体の関係を持つと考えます。
今までの彼氏の人数や、経験人数を聞かれたら、正直に答えないようにしましょう。

あなたの経験人数が彼よりも多かったら、彼もガックリしますよね。
あなたをエッチで満足させられるか、不安になることも。

付き合った人数や、経験人数は、少しサバを読んで片手で数えられるくらいにしておいて。
「年齢のわりに少なすぎない?」と言われたら、「付き合った期間が長いから」と答えましょう。

(3)学生時代のいじめ

『私よく先生にいじめの件で呼び出されたけど、みんなやってるのに私だけっておかしいよね。なんて言われても同意なんかできるはずもないですよね』(34歳/商社)

学生時代のいじめは、あなたがいじめていた場合はもちろん、いじめられていた場合も言わないほうが無難。

あなたがいじめていた場合は、もちろん人間性を疑われることに。
いじめられていた場合も、言わないほうがいいでしょう。
話しているときに、つい恨みがましい口調になったり、感情的になったりする恐れがあります。

昔のいじめっ子をずっと憎み続けているなんて、彼に思われたくないですよね。
もしどうしても誰かに話したいなら、彼じゃなくてカウンセラーに話すようにしましょう。

(4)水商売の経験がある

『キャバクラとかで働いていた女性と付き合ったことあるのですが、彼女のスマホの通知は多くが男性からで、それほど関係が断ち切れないんだなと少し引いてしまいました』(33歳/運送)

学生時代に、水商売のアルバイトで、お小遣い稼ぎをしたことのある人はいませんか?
ただのアルバイトだからと、軽い感覚で彼に話すのはNG。

男性は、水商売経験がある女を嫌がります。
水商売の女は、男関係が派手なイメージがありますよね。
たとえ過去のことでも、男性は男関係が派手な女を敬遠します。

水商売の経験も、一生隠し通したほうがいいでしょう。


彼氏の前で封印するべき黒歴史を、4つご紹介しました。
男性は、意外と女性の過去を気にする生き物。
彼の理想の女性でい続けるために、黒い過去はずっと封印しておきましょう。

(文/恋愛jp編集部)