「今の彼のことは好きだけど、結婚となるとチョットなぁ……」なんて、思ってしまった経験はありませんか?
確かに、結婚に向いている男性と、恋愛に向いている男性には違いがあります。
今回は、それぞれの特徴を考えてみました。

結婚に向いている男性の特徴

(1)コミュニケーション能力が高い

『話していて楽しめる男性はポイント高いです』(33歳/人材)

結婚すれば、ずっとその男性と一緒に暮らすことになります。
コミュニケーション能力が高く気遣いが出来る男性ならば、きっと結婚生活は上手くいくでしょう。

また、結婚すると面倒な親戚付き合いも発生しますので、その点でもコミュニケーション能力が高い男性の方が結婚に向いています。

(2)家事が出来る

『家事ができる男性は一緒に家事ができて本当に助かりますよ』(30歳/主婦)

分かり切ったことですが、ある程度家事が出来る男性の方が、結婚には向いています。
全く家事の出来ない男性だと、例えば妻が具合が悪くなった場合でも、「俺のご飯は~?」なんて聞かれてしまう可能性も……。

結婚するなら、多少の家事はこなせる男性を選んだ方が無難です。

(3)金銭感覚がしっかりしている

『無駄遣いしない夫なので家計が苦しくなくて助かります』(25歳/主婦)

結婚すると、結婚式や子育てなど、何かとお金がかかります
結婚する男性を選ぶときに大切なのは、金銭感覚がしっかりしているかどうかです。

あまりにケチすぎるのも考えモノですが、少なくとも無駄遣いをしない男性の方が結婚に向いているでしょう。

恋愛に向いている男性の特徴

(1)女性慣れしている

『夜など優しくしてくれるので安心感はありますね』(35歳/OL)

モテる男性は、女性慣れしている分、彼女の扱い方も心得ています。
彼氏として一緒にいる分には、とても楽しい毎日を過ごすことが出来るでしょう。

ただ、結婚となると、モテる男性は浮気の心配が大きいかもしれません。

(2)羽振りがいい

『デートするたびおごってくれるので、会うだけなら楽かもしれない』(20歳/大学生)

羽振りが良く、毎回食事をおごってくれたり、高価なプレゼントを贈ってくれる彼氏がいたら素敵ですよね。
ただ、結婚となると生活費が多くかかるので、その羽振りの良さが仇となってしまうかも。

結婚相手に選ぶなら、羽振りの良い男性よりも倹約家の男性の方がいいでしょう。

(3)ひたすら優しい

『大切にされている感がありますが、結婚するとなると意見など言い合えた方がいいかも』(30歳/アパレル)

ひたすらに優しい男性は、恋愛関係でいるうちは癒されるかもしれません。
ただ、結婚相手となると、様々な苦難を一緒に乗り越えていく必要が出てきます。

そんなとき、優し過ぎる男性は、優柔不断で頼りない存在に見えてしまうかもしれません。


恋愛に向いている男性と、結婚に向いている男性には違いがあります。
付き合っているときは良かったけれど、結婚してみたらこんなハズじゃなかった!と思うことも少なくありません。
大事な決断をする前に、彼氏が結婚向きなのかそうでないのか、ある程度見極めるようにしましょう。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)