大勢でいる時には分からなくても、二人っきりでは見えてくることがあります。
それは、良い部分だけではなく、悪い部分も……。
初デートで男性に「この人は、ないな…」と思われたら悲しいですよね。

今回は、男が初デートで女子を評価するポイントを、紹介していきます。

(1)顔

『やっぱり外見が大事だし、その中でも何回も目に入るのが顔ですよね。メイク白すぎて僕だけ平安時代の女性とデートしているような感覚でした』(30歳/商社)

やはり一番見る回数の多い顔は、チェックするポイントのよう。
初デートでは至近距離でじっくり見れるからこそ、色々な部分を確認します。

メイクで隠していても、肌の質感は至近距離だと分かります。
肌が荒れていると、生活が乱れているのかなと思われることも……。

また、毛の問題も重要。
眉毛がボザボザ、鼻毛が出ている、産毛が目立つなど、男性は毛に敏感。
少しでも、ケアを怠っていると分かると一気に冷めてしまうので、細心の注意を!

(2)服装

『駅から走ってきた待っていた女の子の服のど真ん中にくまさん。ありえないと思って一日台無し』(24歳/大学院生)

初デートで服装の評価は必須項目。
好みの服装であるかはもちろんですが、服装によって性格なども見えてきます

例えば、遊園地に行こうと連絡していたにも関わらず、ヒールの高い靴を履いてきて、途中で足が痛いと言い出す。
寒いときに薄着で来て、寒いから屋内がいいと言い出すなど、デートの行き先に合っていない服で来ると、TPOが分からないワガママな人だと思われます。

また、服がヨレヨレだったり、ほつれていたりすると、だらしない性格と判断されることも……。
自分で見えない背中部分も、家を出る前にチェックしておきましょう。

(3)頭の良さ

『何か話しても、なんでもかんでも何それ?って聞き返される、こっちとしてはお前が何?って感じですよね』(30歳/IT)

頭の良さとは、学歴云々ではなく、話をする時の引き出しの多さが重要。
色々なことを知っていて、会話が弾む人を頭が良いと判断します。
しかし、なんでも知っているという態度や、知識を自慢することはもちろんNG。

何を聞いても知らない、興味のない話には乗ってこない人は、頭が悪そうに見えます。
また、大きい声で話し、テンションが高い人も頭が良いとは判断されません。

彼女にするならば、頭が悪そうな人よりも、良い女性を選ぶものですよ。

(4)礼儀正しさ

『カフェで彼女がグラスを落として割っちゃって、僕は慌てて店員さんに謝ったのに当の本人は話を続けようと知らんぷり。この子とはやっていけないと思ったので、そのあとすぐ別れました』(25歳/メディア)

きちんと挨拶ができ、「ありがとう」や「ごめんなさい」を言えることは基本中の基本。
食事のマナーや、立ち居振る舞いも、初デートではチェックされています。

なかでも店員に対する態度は、とても参考にしています。
自分に対しては礼儀正しいのに、店員には横柄な態度を取る女性は、礼儀正しい人を演じているだけ。
礼儀正しさは、習慣にしていないとボロが出てしまうもの。

育ちの良さ、品の良さにも繋がることなので、普段から気をつけておくと良いですね。

<


初デートで気をつけたほうが良いことはたくさんありますが、あまりそればかりを気にし過ぎるのも良くありません。
気にするあまり、デートを楽しめなくなっては本末転倒……。
全てをクリアしようとは思わず、気をつけることを頭の片隅に置いておくだけでも、違いますよ。

(文/恋愛jp編集部)