オシャレ女子は、ファッションにこだわりを持っている人も多いでしょう。
しかしあまりにこだわりすぎて、逆効果になっていることも。

男性が思う「オシャレすぎてブスに見えるファッション」を、4つご紹介します。
当てはまるものがないか、チェックしてみて。

(1)カラーソックス

『オレンジとか、緑とかすごく個性的なソックスを履く彼女がデートの時まで履いてくるのを見てダメじゃないんですけど、マジか……って少し引いちゃいましたね。分かってます、決してダメじゃないんですけど……』(25歳/IT)

カジュアルコーデが好きな女子は、カラーソックスを履くこともあるのではないでしょうか?
グリーンやブルー、イエローなどなど、鮮やかカラフルなソックスを履く人も。

女性目線ではオシャレですが、男性からすると、カラーソックスのオシャレ感がわかりません。
カラフルなソックスは奇抜なイメージがあって、男性からすると受け入れがたいことも。
独特すぎるファッションと思われたくない場合は、紺や黒、白の無難な色を選ぶといいですよ。

(2)ゴツいスニーカー

『デートになんか、とげとげついてるゴツいスニーカー履いてくる女性がいて、正直一緒に歩きたくないし女性らしくない』(20歳/大学生)

カジュアル女子はスニーカーを履く人も多いですが、あまりにゴツすぎるスニーカーはNG。
デートのとき彼よりもゴツイ靴を履いていたら、色気も感じられませんよね。
女子力が全然感じられず、男性はちょっと冷めた目で見ることが。

男性は、やっぱり女子にはパンプスや、華奢なサンダルを履いてほしいと思っています。
「ヒールのある靴は歩きにくい」という人は、バレエシューズなんていかがでしょうか?
かかとがペタンコだから歩きやすく、女子力も感じられますよ。

(3)デニムロングスカート

『デニムのロングスカート履くなら、普通にデニムのパンツ履いてきてくれた方が足がきれいに見える。短い足隠したいならもっと違うスカートにしてくれないか』(25歳/商社)

デニムのミニスカートなら、脚が見えてセクシーですが、ロングスカートは露出要素がありません。

ロングスカートでも、生地がふわっと柔らかいものは、歩く度に生地がゆれてまだ色っぽいもの。
歩くと脚にまとわりついて、脚のラインがわかるところが、男性からの好感度大です。

しかしデニム素材は生地が固めなので、脚にまとわりつくこともありません。
透け感もなく、いたって健全なイメージです。

男性を魅了したいなら、ロングスカートでもしなやかで柔らかい生地のものを選びましょう。

(4)肩掛け

『なんでワザワザそのチョイスなのか……邪魔臭いし、マフラーのほうをデートにしてきてほしい。肩掛けはオフィスカジュアル的なイメージがぬぐえない』(30歳/メディア)

肩掛けは女性からするとオシャレですよね。
マフラーやスヌード代わりに、首に巻いている人もいるのではないでしょうか?
大判なので、余った生地を胸元に垂らせば、防寒対策としても優秀です。

しかし男性からは、マフラーやスヌードのほうが人気があります。
男性からすると、肩掛けはムダに大きくて、機能的でないと感じるのかもしれませんね。


女性からするとオシャレでも、男性から見るとそうは思えないファッションもあります。
男性が思う、オシャレすぎてブス見えするファッションをご紹介しました。
デートのときは避けたほうが無難ですね。

(文/恋愛jp編集部)