大事にしている本命彼女でも、彼氏がムラムラしなくなってしまうことがあります。
愛情は感じるけど、甘いスキンシップが減った、エッチの回数が減ったなと思っていませんか?
今回は、大好きな本命彼女でも彼氏がムラムラしなくなる理由をご紹介します。

(1)服や下着に手抜きを感じるようになった

『付き合い始めは気を遣っていたのに、今では見る影もない…』(27歳/自営業)

恋の始まりにはデートの服や、無防備な部屋着にもドキドキしていたことでしょう。
でも人はいつまでも新鮮なままではいられません

付き合いが長くなってくるにつれ、いつもと同じものが新鮮ではなくなります。
彼女の方も、最初に気にしていた気持ちがだんだん薄れて、服や下着が手抜きになることも。

その状態でも好きでいてもらえるという安心感のおかげでもあります。
しかしエッチの回数が減ってきたり、彼氏が冷めたりしていないかを気にする必要はありそうです。

(2)エッチがマンネリでつまらなくなった

『あれ、最後にしたのいつだろう…?』(30歳/銀行)

付き合いが長くなるにつれ、お互いのことがどんどんわかっていきます。
それはお互いの身体のことも言えるでしょう。

彼氏は本命の彼女だからこそ、大事にしたいとか、引かれたくない気持ちもあり、ちょっとした願望を抑えてエッチに望んでいる場合があります。

結果エッチはマンネリになりがちです。
自然と回数も減ってしまうでしょう。

(3)仲良くなりすぎて家族みたいな感覚になった

『仲はいいんだけど、もはやそういう対象に見えない。ドキドキが無くなってしまった』(28歳/公務員)

とても仲のいいカップルや夫婦がセックスレスに陥る原因の一つに、仲良くなりすぎたというものがあります。
最初は普通のカップルでエッチもあったけど、お互いの生活パターンに合わせたり、エッチをしなくても満たされたりするようになると、自然と回数が減っていきます。

家族みたいな関係も憧れますが、たまに緊張感を持ったり、お互いをドキドキさせたりする努力が必要かもしれません。
ただ仲良くなりすぎて家族の様になると、エッチ自体求めなくなる場合もあるので早めの軌道修正がオススメです。

(4)美容に関して努力しなくなった

『ボサボサの髪にすっぴんで会うこともめずらしくなくなった』(33歳/教師)

彼氏がいる安心感が、時に彼女を堕落させてしまうことがあります。
彼氏がいない時は痩せて、化粧もネイルもバッチリで、セクシーに見えた彼女も、彼氏ができて付き合いがながくなるにつれて変化していませんか?

とくに本命の彼女になって、愛されているという気持ちがある場合、安心感となり、努力を怠ってしまう彼女の見た目が変わることがあります。
太ってきた、メイクが手抜きになってきた、服も適当になってきた…
彼氏を幻滅させることで、ドキドキが減り、彼氏のムラムラする気持ちがどこかに行ってしまうでしょう。


仲のいいカップルや夫婦でも、セックスレスになるとどちらかの不満が溜まってしまいます。
とくに彼氏が彼女のことを好きなのにムラムラしなくなった場合は、彼女の不満が溜まりかねません。
お互い好き同士なのに、少し努力をしなくなったり、気を付けなくなったりすることで彼氏がムラムラしなくなってきたカップルは早めの改善を試みてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)