こんにちは。恋愛心理パティシエのともです。

「俺は遊び人だ!」と公言して女を口説く男はおそらくいないしょう。
そこで今回は「パーティーピーポー」略して「パリピ」のことを遊び人と仮定して、「パリピ=遊び人」として話を進めていきたいと思います。

パリピの主な生息地はクラブ!
そしてよくクラブに頻繁に通っている男性のLINEにはある特徴があるのだとか。
そこで今回はそんなパリピと深く関わったことがある女性たちにその特徴を聞いてみました。

(1)吹き出しが多い

『クラブでナンパしてくる男性のLINEってほぼ全員が、一行ごとにLINEをわけて入れてくる』(23歳/美容系)
『短い吹き出しを何個も送ってくる人の遊び人率は高い』(21歳/アパレル)

たとえばLINEで「おはよう」「今日は何するの?」と続ける場合、一般的は「おはよう(絵文字)(改行)今日は何するの?」で一つの吹き出しにいれますが、パリピは違います。
「おはよう(絵文字)」「今日はなにするの」「?」と全部をバラバラにして吹き出しをたくさん作ろうとするのです。

そのため1回のやり取りだけでも吹き出しが3個以上になるケースは多い。
さてLINEをチェックしようと思ったら上にイキナリ10とか表示されていたら、びっくりしてしまいますよね。
そして開けば特に内容もなかったり……。

(2)絵文字は好き

『パリピのLINEは絵文字満載。LINE映えとも呼べそうな、色彩豊かで楽しい』(31歳/メーカー)
『吹き出しにムダに同じ絵文字の顔が4個とか並んでいることが多々ある。とりあえずポップな感じは伝わる』(24歳/受付)

古風な男気溢れる男性は「絵文字なんてかわいいものはなるべく使いたくない」と思いがちですが、パリピはそこは気にしない。
むしろかわいい絵文字もふんだんに使ってLINEの中でもいつもパーティー感を演出してくれ、読んでいる側も楽しませてくれます。

文章が短いため、かさ増し的な意味合いも含んでいるかも……。
しかしサービス精神は旺盛なのがパリピ。

(3)「(笑)」を「わら」にしがち

『「(笑)」を「わら」にする男性は、浮気ばっかりしていた。「わら」男性はもう信用できない』(27歳/自営業)

パリピは基本ひらがな率が高いです。
小難しい漢字を沢山送ってきて知性アピールする男性と、ひらがなが多い男性とどっちがいいのかは微妙ですが……。

そして特に「(笑)」は要チェック。
「(笑)」とかっこつきの笑いは真面目な男性が多い。

しかしトップオブパリピは「わら」とこれまたひらがな!
パリピはLINEをやり取りする回数も頻繁なので、面倒な作業は出来るだけ省きたい、という気持ちから行きついた「わら」なのでしょう。 

(4)自分のことは基本あまり伝えない

『遊んでいる人のLINEの内容って、「なにしてるの?」「今日あそぼう」とかそういうのばっかり……。LINEで会話してつながりたい、とか言う気持ちがまずない』(32歳/飲食)

パリピは「なにしてるの?」とか「今日あそべる?」ぐらいの簡単な会話を短文に分けて送ってくるぐらいしかしません。
「今日は俺ここにいて○○してさー」とかの、他愛のない話もナシ。

それもそのハズ。パリピは遊び人が故に、他の女といる確率も高いので、あまり自分の行動を相手には知られなくないのです。
LINEは相手を誘うツールにしかすぎず、お互いを知る必要性を感じていないということでしょう。


パリピのLINEからは明るいパワーは伝わってきますが、なぜか人間性が全然見えてきません。
「楽しいのが最優先」であれば満たされるのには充分。
しかし「愛されたい」と思っている女性には不向きなタイプでしょう。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)