「最近彼が冷たい……」と感じて不安になることって、よくありますよね。
よくあることとは言っても、不安や心配は尽きないものです。
そこで今回は男性は彼女に対して実際どんな「冷めたサイン」をするものなのかまとめましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

(1)返信はスタンプ

『最初は文章で丁寧に返ってきていたラインも、スタンプだけになり、返事も遅くなり、最終的には自然消滅……もっと電話をしたりして、彼の気持ちが離れない工夫をするべきでした……』(25歳/営業)

どんなに忙しくても、大好きな彼女に対してはキチンと返信をする男性は多いです。
そのため、返信が基本スタンプのみかも……と感じたときは注意が必要。

スタンプでの返信は、早めに会話を打ち切りたいときにするものです。
本当に忙しいときもありますが、彼女に冷めてきているときはスタンプの返事が続いてしまいがち。

スタンプの返信ばかりになってしまったときは、LINEの会話がまず盛り上がりません。
疑問形で連絡をしたりなど、少しでも彼と盛り上がれるような会話の流れに持っていきましょうね。

(2)デートが近場

『付き合い始めは毎週末、計画を立てて遠出したものですが、交際1年半には近所か家デートがほとんどになり、お互い相手に新鮮な気持ちを持てなくなっています』(26歳/自営業)

付き合い始めて間もない頃は、デートもいろいろな場所に行きますよね。
遠出してテーマパークに行ったり、まとまった休みが取れたときは旅行に行ったこともあったでしょう。

ですが、彼女への愛が冷めてしまうと、デートも適当にこなそうとしてしまいます。
そのため、デートも大したプランを練ることがなくなり、場所も近場になってしまいがち。

1泊2日でもいいので、少し遠くに出かけたり、いいホテルに泊まったりすることで「非日常」を味わえ、マンネリ解消に繋がります。

(3)彼女の変化に気付かない

『髪を切ったことやメイクを変えたことに興味を示さなくなってしまったら要注意。私は彼の好きなメイクや少し大胆なことをして気を引く作戦でなんとか乗り切りましたが……』(24歳/アパレル)

彼氏なら、髪を切ったときなどはもちろんのこと、メイクを少し変えたときなど、小さな変化にも気づいてもらいたいもの。
メイクや服のことはよくわからなくても、本当に彼女のことを見ていれば男性は変化に気づきます。

ですが、彼女に飽きてしまうと、普段から見ることもなくなってしまうのでしょう。
そのため、やがては大きな変化さえも見逃してしまうようになり、手遅れに……。

「気づいて欲しい事」「自分の気持ち」は常に伝え、話し合いをキチンとし「溜め込まない」ようにするのが大切ですよ。

(4)自分から触れない

『彼とのスキンシップが前より少なくなっているなぁ……と思っていた矢先、他に好きな人が出来たから別れよう、と言われました。早めに対処しておくべきだったなと後悔しています』(28歳/看護師)

彼女に冷めてしまうと、基本的にスキンシップが減るのは間違いありません。
「好きな女性に触れたい」それは男性の本能。
「スキンシップをしてくる=好かれている証」と思って良いでしょう。

ですが、愛が冷めてしまうと、自分から触れることも無くなってしまいます。
抱きしめ合ったり、キスしたりすることにも積極的ではなくなることも。

このような兆候が見られ始めたら、自分から積極的に誘う、エッチなビデオやプレイをするなどの工夫をしてみましょう。


私たちは大丈夫と思って気を抜いていると、彼からの「冷めたサイン」を見逃してしまう可能性があります。
彼の心をつかんでおくためにも、冷めたサインに敏感になっておくことは大切ですよ。

(文/恋愛jp編集部)