こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

ボンヤリとしか未来をイメージできず、なんとく生きている……。
そんな自分になんとなく“このままでいいのかな?”という不安を感じる日々。
もしかしたらそれは“望む自分の未来像”がハッキリしてないのからかもしれません。

自分がどんな未来を切り開きたいか?
それがわかれば進むべき道が見えてくるのです。
そこで深層心理で望んでいるなりたい自分像を、心理テストで浮き彫りにしてみましょう。

あなたが今一番気に入っている色を次の中から選ぶとしたらどれ?

(1)赤
(2)青
(3)緑
(4)黄
(5)紫

“好きな色は自分の願望を表し、嫌いな色は過去の体験を示し、好きでも嫌いでもない色は現在の生活を反映している”とは、ドイツの心理学者ルッシャーの言葉。
色彩心理学ではパーソナルカラーには、過去色・現在色・未来色あるといわれています。

今一番気に入っている色は「あなたが将来どんな自分像を描いているか」、「どんな自分になりたいか」が判定できるということなのです。

(1)赤(社交的で積極的な人生)

成功への欲望が高まっている最中と言えます。

退屈な人生から脱したいと思っています。
また、親しみやすくて誰とでも仲良くなれるような性格に憧れも持っていると言えるでしょう。
人に裏切られようとも、すぐに立ち直れるような強い自分になりたいとも願っています。

(2)青(調和のとれた人生)

平穏で調和のとれた人生を送りたいと思っています。

人の前に出るよりも、一歩下がって全体を見渡しているような人になりたいと望んでいます。人から信頼を得られるような性格が理想のよう。

(3)緑(寛大さと忍耐力をあわせもった人生)

激しい変化を好まず、安定した人生を送りたいと思っています。

寛大で道徳的な精神を持ちたいと思い、優しさと寛容に憧れを抱いています。
忍耐強い人になるのが理想型にしています。

(4)黄(知的な人生)

新しい知識をたくさん取り入れ、それによって新しいものをつくりあげる人生への欲望が高まっています。

現実の生活の中でも、その理想を持ち続け、自分を高めたいと思って生きています。

(5)紫(芸術的な人生)

創造性豊かな人生への欲望が高まっています。

持ち前の観察力と芸術的才能が発揮でき、独自性のある人生を歩みたいと願っています。
“人とは違うこと”を表現できることが理想の人生のよう。


いかがでしたか?
自分の未来像の輪郭が見えてくればそれが希望になり、毎日の生活に彩りを与えてくれます。
また望む未来を反映したカラーを、メイクやファッションでも生活の中に取り入れていけば、新たな未来を切り開く手助けをしてくれるかもしれません。

なりたい自分を意識して過ごすだけでも、その先にある未来は少しずつ変化していくものです。

【参考文献】
・『深層心理テスト』清田予紀・ペルソナ学会著(三笠書房)

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)