あなたのファッション、男性から非モテ認定されているかも?
男に非モテ認定される冬ファッションを、4つご紹介します。
うっかりやっているものがないかどうか、チェックしてみて。

(1)厚すぎる黒タイツ

『ぶっとい真っ黒のタイツはババくさく見えてしまいます……。色気もまったくない』(25歳/銀行)

最近は200デニール以上ある、ぶ厚い黒タイツも販売されていますよね。
防寒対策にはバッチリなので、履いている女子も多いのではないでしょうか?
ただ見た目的にイマイチなのが悲しいところ。

ぶ厚いタイツは脚が太く見えますし、足首の部分がヨレやすいデメリットがあります。
パッと足元を見たときに、タイツがあまってシワになっていると、色っぽさも半減。
さらに脚が真っ黒になるので、セクシーな要素がありません

黒タイツはOKですが、あまりぶ厚すぎないものを選びましょう。

(2)フリフリのスカート

『いい年こいてフリフリの服はきついですね。いくつですかと聞きたくなります』(32歳/公務員)

フリルがたくさんついた、フリフリだらけのスカートも、非モテ認定される可能性大。
1列フリルならまだしも、スカート全体がフリフリだと、子供っぽいですよね。
高校生ならまだしも、いい大人がやると、やりすぎ感がでてきます。

フリル付きスカートを履くときは、やりすぎにならないよう、控えめフリルのものを選びましょう。
少しだけなら、フリルもコーデのアクセントになりますよ。

(3)パンプスに靴下

『寒いならムリしてパンプスなんて履かなきゃいいのに。ほかに靴持ってないのかな』(29歳/飲食)

冬によく見かけるのが、パンプスに靴下を合わせている女子。
中には寒いからといって、ストッキングの上から靴下を履いている強者もいます。
ただパンプスに靴下を合わせると、一気にもさっとした印象になるので、やめたほうが無難です。

女性らしい上品なパンプスも、靴下だと魅力も半減して見えます。
美脚効果を狙うなら、パンプスには夏ならストッキング、冬なら黒タイツを合わせたいところ。
モテコーデを重視するなら、冬に靴下は履かないほうがいいでしょう。

(4)シースルーのスカート

『見ていてこっちが寒くなってくる。ニットやセーターなどの冬ならではのかわいい服を着てたほうが好感度高いです』(26歳/広告)

冬なのに、スケスケのスカートを履いている女子はいませんか?
シースルーは色っぽくて、視線を釘付けにできますが、冬に履くのはNG。
水商売の女のような印象を与えます。

季節感がない服を平気で着ている女性に、男性はTPOをわきまえられないのかなと感じることが。
季節をふまえたファッションができない、だらしない子と思われる可能性があります
非モテ認定される可能性があるので、シースルーは暖かい季節のみにして。


バッチリ冬のオシャレをしたつもりでも、男性からは非モテ認定されているかも?
モテコーデのつもりでも、男性からするとそうではない場合も多々あります。
しっかりポイントをチェックして、毎日のファッションに取り入れてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)