ディープキスに自信はありますか?
もし、自信がなければ少し勉強して、相手をその気にさせてみては?
上手なキスは男の気持ちや体のスイッチを入れることができます。

では、一体どんなテクニックが必要なのでしょうか。

(1)舌の力を抜く

『舌に力が入っていると、この子キスあんまり得意じゃないのかな?って思っちゃいますね』(24歳/メーカー)

ディープキスをした時、身体や唇、舌が緊張してこわばっていると、一瞬で相手に慣れてないのかな?と見破られてしまいます。
ディープキスはお互いの繊細な部分が触れ合うやり取り。
まずは、ディープキスをする時に舌の力を抜いて相手の呼吸に合わせてみてくださいね。

(2)時々逃げて時々濃厚に

『焦らされると「あぁ!もう少しなのに!絶対オトしてやるからな!」といつのまにかこっちも夢中になってしまいます(笑)』(27歳/建設)

男をその気にさせたければ、じらすことが重要。
男は難しい生き物で、女がノリノリ過ぎても引いてしまうことがあります。

コツとしては、「もうあと一歩で相手もその気になりそうなのに、まだためらってる感」を演出すること。
まるまる受け入れるのではなく、じらして言葉や、相手のやる気を上手に引き出します。
あからさまに逃げるのではなく、唇を交わして耳元でささやくなど、密着した状態でじらしながら、キスをうけいれた時は濃厚に返すようにしましょうね。

(3)吐息をこぼしながらのディープキス

『ハァハァ言いながら夢中でキスされると、ヤバイ……ってなります』(25歳/IT系)

甘い声を出すことで、「キスだけで感じちゃった感」を演出。
唇や舌を絡ませながら、息継ぎのタイミングや、口を話すタイミングで吐息をこぼしましょう。
キスの延長線上を想像させて、男がギンギンになること間違いなしです。

(4)不意に主導権を握る

『最初は軽い感じでキスしてたのにどんどん大胆になっていくと、予想のつかない展開にアソコが……』(24歳/自営業)

男は先が読めない展開にドキドキして、期待が爆発。
序盤は力を抜いて相手の出方を見て、不意に舌を絡めて攻めるなど、主導権を握ってみて。
相手は予想外の積極的なディープキスにギンギンになってしまいます。


舌を吸ったり、歯茎を舌でなぞったりとテクニックは色々。
でも、いきなりその責め方をするのはオススメしません。
慣れてない方法をいざやろうとしても、ぎこちなくなってしまいまうからです。

また、逆にディープキスが上手すぎても、相手がビックリして引いてしまうかも。
それよりは、ディープキスのじらし方や、押し引きの駆け引きを上手に使う方が無難です。
力を抜いて、相手の様子を見ながら冷静にもてあそんであげてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)