本来楽しいはずのデートですが、ちょっとした行動や配慮の無さによって、男性をイライラさせてしまうことも少なくありません。
そこで今回は、女性がデート中に男性をイライラさせる行動について紹介します。
好き同士でも、思いやりが無いとイライラしてしまい楽しめなくなるので、これを読んでデートを成功させましょうね!

(1)歩くのが遅い

『歩くのが遅い女子にはイラッとしてしまいますね。遅いなら、ヒールじゃなくてもっと歩きやすい靴にしようよ……って思います』(24歳/公務員)

まず1つ目の行動は、デート中の女性の歩くスピードが遅いこと。
どうしても男性の方が早くなってしまうものですが、あまりに遅いとデートもスムーズに進行できずにイライラしてしまうのです。

また、申し訳ない様子が一切感じられないと、余計イライラが増しますので「遅くてゴメンね」という一言を添えましょう。
自覚しているのとしていないのとでは大違い。
あらかじめ自分の歩く速度について断っておくのも手です。

また、デートの内容によって靴選びも肝心。
あらかじめ長い距離を歩くことが想定できるのであれば、ヒールなどを避けて「歩きやすいスニーカー」などを履くようにしましょう。
相手になるべく迷惑をかけたくないという姿勢さえ示せば、男性もきっと理解してくれるはずです。

(2)あえて寒い恰好をしてくる

『自分が寒い格好で来たのに「寒いから建物入ろう」「お腹痛くなってきた……」などと言われると少しイラっとしてしまいます』(24歳/営業)

2つ目は、露出度が高いような寒い格好をしてくること。
天候や気温的にも寒いことが容易に想像できるデートで、スカートや肩を出すなどの服装や、薄着をしてくる人に対して男性はイライラしてしまいます。
もちろんそれで寒いと感じないのであればいいのですが、そういった服装にも関わらず寒さを訴えたり、体調を崩されれば男性も不満に思うもの

せっかくのデートを楽しむためにも、当日の天候や気温に適した服装で行きましょうね。

(3)財布を出さない

『「払ってもらって当たり前」という態度をとる女子にはもう2度と誘いたくない、と思ってしまいます』(21歳/学生)

3つ目は、お会計の時に財布を一切出さないこと。
デートで男性がおごるというのは珍しくありませんが、一応払ってもらっているということを忘れてはいけません。
男性もおごったからには何かしら感謝の言葉や姿勢がないとモヤモヤしますし、おごられるのが当然と考えている女性に対していい印象は持たないもの。

「男が払うのが当たり前と考えてるんだろうな」とか、「これまで払ってきてもらったんだろう」といった印象を持ち、自分のデートでもそういった行動をとられるとイライラします。
必ず財布は出して、払ってもらったら感謝の気持ちを伝えましょうね。


以上がデート中に男性がイライラする女性の行動でした。
気付かずにこういった行動をしてしまっている人は案外多いもの。
あなたもこれからのデートでは意識してデートを楽しんで下さいね!

(文/恋愛jp編集部)