もう、コイツしかいない。
大好きな男性に本命彼女として選ばれることは何事にも代え難い喜びです。

しかし、安心しきっていてはいけません。
いくら、本命彼女だったとしても、「ブサイクに見える瞬間」が数多く存在しており、それらを見られた時に愛情度が下がってしまう可能性があるのです。
そこで今回は本命彼女が「ブサイク」に見える瞬間について紹介していきます。

(1)意外と頭が悪かった

『彼女が天然を通り越してバカだった時は結構萎えましたね』(24歳/営業)

優秀過ぎる女性は男性が引いてしまいますが、常識的な知識くらいは知っていた方が良いでしょう。
例えば、回転寿しに行った時に、「トロってマグロなの?トロっていう魚がいて、中トロ、大トロは大きなトロかと思ってた!」など、男性がコイツ頭が悪かったのか……と、思わせるような発言をすると、ブサイクに見えてしまうので要注意。

(2)誰かの悪口を言っていた

『人の悪口をいう「性格ブス」はお断り!しかも、人の悪口を言ってる時の女の顔って恐ろしいですよね……1回鏡で見たほうが良いと思います』(26歳/販売)

あまりにも酷い悪口や、自分本位の悪口で相手を貶めるような発言が多い場合、本命彼女でもブサイクに見てしまうもの。
人の悪口を言い続ける性格的なブサイクもあるでしょうが、人を嫌悪している時の表情もブサイクこの上ありません
ニコニコし続ける必要はありませんが、人の悪口などはできるだけ本命彼氏の前では抑えることをおすすめします。

(3)大声で怒鳴っていた

『ヒステリックだったりすぐ大声で怒鳴るような女は、本命彼女でも別れを考えますね』(26歳/医療系)

女性はヒステリックになることがあります。
しかし、それを受け入れてくれる男性はかなり稀でしょう。

大声で怒鳴ったりしているところを見た時、本命彼女だろうが何だろうが、男性はどん引きします。
それが、可愛いと思っていた本命彼女だったら尚更ブサイクに見えますし、最悪な気分になることでしょう。
「大声で怒鳴る」ということは世間的にも美しくない行動なので、注意しておきましょう。

(4)体臭がきつかった

『あれなんか酸っぱい匂いが……と思ったら彼女の足の臭いだった時は、かなりショックでした』(27歳/IT系)

男性は「女性は全ていい匂いのする生き物」と勘違いしているもの。
体臭があまりにキツい、と判断した時に本命彼女であっても、一気にブサイク度が上がってしまう恐れがあるようです。

臭いというのは、抱きついたり、キスをしたり、狭い部屋で密着していたりしても、気になってしまう部分。
できるだけ、体臭ケアに注意した生活を心掛けてほしいですね。


「本命彼女になったから全てが許される」と思ったら大間違い。
男性は、彼女に「いつまでも可愛く、自分にとって大切な存在であり続けてほしい」わけです。
ぜひ、今回のコラムを参考にして、当てはまるところがあったら即時直す努力をしてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)