付き合う前には、だいたい3回くらいデートするのが、世の男女の定説ですよね。
1、2回だとお互いよく分からないし、4、5回になると逆にじれったくなります。

ただ世の中には、3回デートしても告白してこない男性も……。
そこで今回は、そんな3回デートしても告白してこない男性の心理を4つご紹介します。

(1)告白したいけどタイミングを見つけられなかった

『告白したい気持ちはあっても「彼女といい感じだしまだいいかな」と思って、すぐには告白しないこともありますね』(25歳/営業)

告白してちゃんと付き合いたい気持ちはあっても、中にはタイミングを逃すことも。
「彼女といい感じだし、まあいいか」と思って、そのまま告白しない男性もいます。

女子からすれば、告白はきちんと男性からして欲しいもの。
彼とご飯を食べにいくときには、個室を予約するなど、彼が告白しやすいシチュエーションを作るといいですよ。

(2)3回目のデートで嫌なところが見えた

『いい感じだなぁ思っていた女の子が3回目のデートで「酒癖が悪い」ということが分かって告白をやめた、という経験はあります』(27歳/人事)

3回目で告白しようと思っていても、そのデートで嫌なところが見えてしまった可能性も……。
デートを振り返って、自己チェックしてみましょう。

たとえ3回目のデートで嫌なところが見えたとしても、相手には言いませんよね。
彼とのデートのお誘いが3回目以降無いなら「ちょっと性格が合わないな」と思われたのかも。

(3)相手から告白してくると思った

『自分の告白で彼女との仲を壊したくないので、「好きなら相手から告白してくれるよね」と行動には起こせません……』(24歳/IT系)

草食系や、受け身の男性は、自分からガツガツ行動できません。
拒絶されるのが怖いので、相手の反応を見るパターンが多いのです。

彼女から告白してきてくれたら……なんて、淡い期待を抱いているのでしょう。
告白は男性からしてほしいものですが、草食動物のような彼に対しては、押しも大切

ただし遊び人の男性の場合は、なるべく彼女を作らず、多くの女子と遊びたいと思っています。
そういう彼の場合は、自分から押すのはNG。
相手が覚悟を決めて、きちんと告白してくるまでは、体の関係は持たないようにしましょう。

(4)そもそも「3回目のデートで告白」というセオリーが理解できなかった

『僕は3回のデートじゃ相手のことはよく分からないと思います。もう少し長いスパンで相手と関わりたいですね』(23歳/公務員)

「3回目のデートで告白」とは言っても、絶対のルールではありません。
中には気に入ったら1回で告白する男性や、もっと時間を取りたい男性もいるでしょう。

「なかなか彼が告白してこないけど、どうなってるんだろう」と思っても、焦りは禁物。
1回目のデートで告白してきて、そのまま体の関係を迫ろうとするヤリ目男よりも、よっぽどマシですよ。
ただ5回目のデートで何も言ってこないなら、さすがに関係性をあなたから確認してもいいでしょう。


草食系や遊び人の男性の場合、ハッキリと告白しないことも。
彼のタイプをよく見極めて、押すか引くかを考えましょう。
3回デートしても、中には付き合わないこともあるので、体の関係はきちんと付き合ってからにするといいですね。

(文/恋愛jp編集部)