「彼の乳首を触っても、何も感じてないみたい」という女子はいませんか?
乳首を触っても無反応な男性は、意外と多いですよね。
そんな彼の乳首を開発するテクニックを、4つご紹介します。

(1)強く触らない

『女性も乳首を強くつままれたり、かじられたりすると痛いですよね。男性も同じで、優しく弄って欲しいと思いますね。よほどのMじゃない限り、強く触って欲しいなんて男性はいないと思いますよ』(33歳/商社)

乳首はデリケートな部分です。
強く触ると気持ちがいいどころか、返って痛いですよね。
彼の乳首を触るときは、ソフトタッチで触ってあげてくださいね。

触れているかいないかくらいの力加減が、ちょうどいいでしょう。
乳首を触って彼がくすぐったがるなら、乳首開発は半分成功したようなもの。

乳首が感じる男性は、乳首を攻められるとくすぐったがる傾向があります。
そのくすぐったさが、だんだん快感に変わっていくんです。

また、彼の反応が薄くても、すぐにあきらめないでくださいね。
最初は反応が薄くても、めげずに継続することが、彼の乳首を開発するコツです。

(2)舌先で舐める

『最初は何してんだ……と思いましたが、やられているうちにだんだん気持ち良くなってきて、アソコがモリモリ元気になってきましたよ』(27歳/メディア)

舌先で舐めるのは、乳首開発の基本テク。
舌先で彼の乳首を、上下左右にいじってあげて。
片方の乳首を舐めながら、もう片方の乳首を手で触ると、より効果的ですよ。

あえて、ペロッと舌を出すようにして舐めるとセクシーです。
彼も自分の胸元で彼女が舌を出して舐めている姿に、興奮しますよ。
視覚効果で、さらに感じてくれそうですね。

舐めるときも力をこめすぎず、優しく舐めてあげましょう。

(3)円を描くように舐める

『基本は女性が乳首を刺激されて気持ちいいと感じることをすればいいと思います。乳輪を舐められると女性も気持ち良さそうにしているので、男性も同じです。僕は乳首そのものを円を描くようにいじられるのも好きです』(30歳/人材)

じらしテクとして、乳首の周辺から乳首まで、円を描くように舐めてあげても。
周辺から攻められると、じらされているようで、彼も興奮するでしょう。

乳輪をなぞるようにして、舌先で円を描くのがポイントです。
それから、しだいに中心の乳首部分を舐めるようにしてください。

ただ舐めるだけよりも感覚に変化が出るので、ときどき取り入れてあげてくださいね。
指で触るときと同じく、彼がくすぐったがるからといって、すぐに辞めてはいけません。
彼もあなたのテクの虜になるかも?

(4)音を立てて舐める

『音を立てるのはセックスにおいてムードづくりに欠かせないもの。そう僕は思いますね。フェラとか、手マンとか同様に乳首も音を立てて舐められると自然とエロチックな雰囲気になると思います』(34歳/SE)

「音を立てて舐めるなんて、AV女優みたいで抵抗がある」という人はいませんか?
いつもと違う攻め方をしたいなら、わざと音を立てて舐めると、脱マンネリになりますよ。
クチュクチュいやらしい音を立てて舐めてほしい願望があっても、なかなか言い出せない男性も。

唾液をたっぷり含ませて、舐めたり吸ったりしてあげてくださいね。
エロチックな音を立てられると、彼の本能も全開になります。


男性の乳首を開発する方法を、4つご紹介しました。
エッチのとき、彼ばかりが乳首を攻めてくるは、なんだか不公平ですよね。
あなたも乳首を攻め返して、彼を感じさせちゃいましょう。

(文/恋愛jp編集部)