よく、「男のロマン」などと聞きますが、女性には分からない男性のこだわりって色々ありますよね。
女性からすると「何で?」と思ってしまうようなことでも、男性からすると大事なことだったり……。
そこで今回は、そんな女性からは理解されづらい男性のこだわりをいくつかご紹介いたします!

(1)好きなものを集めまくる

『何かを集めるって何でなんですかね……ロマンなんですよね。種類がたくさんあるものを揃えた時の達成感、並べた時の全体像とか壮観なんですよ。集めてどうなるってわけじゃないですが、それが男のロマンなんですよ』(32歳/IT)

女性でも収集癖がある人は少なくありませんが、特に男性にはコレクター気質の人が多いですよね。
ロボットのフィギュアや切手など、女性からすると「どうしてこんなモノを集めているの?」と思いたくなるものばかり。

他人には分からなくても、本人にとっては宝物だったりするので、勝手に触っただけで激怒する人も……。
ましてや捨てたりしたら破局にも繋がりかねないので、放っておくのが一番なのかも?

(2)お米の固さ

『固めじゃないと食べている気がしないんですよ。男性の方が噛む力が強いからかと思いますが、ラーメンも私は麺固めで頼みますね。柔らかい米食べたきゃ、おかゆやリゾットでいいじゃんって思います』(27歳/メディア)

日本人なら、お米にこだわる人が多いのも仕方ないのかもしれません。
しかし、あまりに度を越えていると、彼女としてはチョットしんどくなってしまうかも。

例えば、お米の固さにこだわる男性は少なくありません。
せっかく料理を作ってあげたのに、「ご飯はもうちょっと固めが良かったな~」なんて言われた経験はありませんか?

思わず、「そんなにこだわるんだったら自分で炊け!」と思ってしまいますよね。

(3)車に対するこだわり

『女性がバッグとか財布とか、服とかにこだわりを持ったりするように、男性はその対象が車なんですね。俺はこういうのに乗れるほど、お金持っているんだぜっていう一種の自己顕示欲ですかね……』(29歳/商社)

車に対しては、強いこだわりを見せる男性が少なくありません。
カッコいい車で彼女とデート……ならいいものの、車自体に対してやたらとこだわられると、微妙な気分になります。
よく分からないカスタムをされても、車に興味がない彼女にとっては全然良さが分からないですよね。

また、車自体がかなり高額なものなので、金銭面の意味でも彼女としては心配になってしまいます。

(4)食事の仕方

『僕自身は、そんなでもないんですが、、僕の父が一時期結構気にしてましたね。母は関係ないからやめなよ……って言ってましたが、健康にいいんだと一点張り。手がつけられたもんじゃなかったですね』(26歳/人材)

お米の固さに限らず、食事にこだわる男性はかなり多いです。
「魚料理には絶対に白ワイン!」「肉じゃなくサラダから先に食べた方が体にいい」など、食事の度に言われるとウザく感じてしまうかも。

食事の仕方くらい、好きにさせてほしいものですね。

(5)簡単に謝らない

『男性はプライドが高い生き物なので、なかなか謝りたくないですね。強くありたいと常々思っているので、自分が正しいと一回でも思ったら自分は納得するまで、理由を聞きますね。それでも自分はあまり納得しないんですけど……』(25歳/大学院)

彼女に謝罪をしたがらない男性は、意外と多いもの。
「一言謝れば済むことなのに、どうして謝ってくれないの?」と、不思議に思うこともあるでしょう。

男性は女性が思っている以上にプライドが高く、そう簡単には謝ってくれないと考えた方が良いかもしれません。
そんな時コチラは感情的にならず、冷静に対処すると案外上手くいったりするものですよ!


彼女からすると意味が分からないこだわりも、彼にとっては大問題だったりします。
理解できないからといって、一方的に「意味わかんない!」と切り捨てるのは少し可哀想かも?
ただ、あまりに我慢ならないときは、彼とキチンと話し合って折り合いをつけた方がいいでしょう。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)