男性は常に性欲がある生き物。
それは種を残すために正常な反応であり、むしろ「性欲を掻き立てられない」ということは「女性として認められていない」と言っても過言ではないのです。

本当にモテる女性になるということは、相手が酔っておらずとも、持ち帰りされたい女性になること。
そこで今回は、酔ってなくても持ち帰りたくなる女の特徴を紹介します。

(1)目を見て話す

『目をじっと見つめられながら話されると「この子俺に気があるのかな……」と思って「お持ち帰りしちゃおっかな」という発想に繋がりますね』(27歳/自営業)

目をじっと見られると、普通の人は警戒するもの。
しかし、男女の関係であれば、男性は「俺に気があるのかな……」と、思ってしまい、その目を見ながら諸々妄想してしまいます。
「受け入れられている」という感覚が、そのまま「ベッドへのGOサイン」だと認知してしまうため、酔っていようがいまいが、持ち帰りたくなるわけです。

(2)距離が近い

『距離が近いとそれだけでドキッとしますし、自分に気がある、って思うので「そのままベッドでもOK?」って聞きたくなっちゃいます(笑)』(30歳/営業)

人間には社会距離や仲間距離など、相手との関係によって心地良い、と感じるパーソナルスペースがあります。
極端に近い人場合は、家族や恋人などの特別関係の人たちですので、その領域に踏み込まれればドキドキしない方がおかしいと言えるのです。
さらに、偶然でも軽く肌にタッチされたり、良い香りが漂っていたら、男性もそのまま抱きかかえてベッドに行きたくなってしまいます。

(3)褒め上手

『褒められると「この子自分のこと認めてくれる。ベッドの中でも優しく包み込んでくれそうだなぁ」って思いますね』(26歳/医療系)

「褒め上手」も男性が酔っていなくても、持ち帰りたくさせるポイント。
「褒める」=「認められた」と感じ、そこから「俺だったら、そういったことしてもいいの?」という感情へ……。

また、褒められて嫌な気分になる男性はおらず、その言葉1つ1つが報酬として感じられるため、気分が良くなります。
気分が良くなれば、思い切った行動に出やすくなりますし、結果お持ち帰りという発想へ辿り着くのです。

(4)体のラインをしっかりと見せる

『体のラインがはっきりした服を着られると、そのままエッチな妄想に……』(25歳/自営業)

明らかにいやらしいファッションの女性は引かれますが、ほど良く体のラインが見える服装の女性は男性には好まれます。

さらに、ちょっとした仕草や立ち居振る舞いで、女性らしい部分が強調されると、男性は直ぐに妄想の世界へ。
男性の興奮は、目に入ったところからスタートします。
やはり、女性らしい体つきを見て興奮しない男性はいないので、これも効果的なテクニックのひとつでしょう。


ちょっとした仕草、距離、声のかけ方だけでも、男性は持ち帰りしたくなってしまいます。
「男性の視覚を操作し、気分を良くしてあげる」これが、男性の心を掴むポイントですよ。

(文/恋愛jp編集部)