あなたは「甘える」ことが得意ですか?
意外と甘えることが苦手という女性は多いのです。

本当は甘えるのが苦手で、上手な甘え方がわからなくても大丈夫。
ちょっとしたしぐさを使うだけで、男性の心をわし掴みにできるって知ってましたか?

今回はそんなテクニックとして、男性がグッとくる彼女の「甘えしぐさ」を4つご紹介します。

(1)高いところにあるものを取ってほしそうにアピール

『高いものを取ってあげるってベタですけどいいですよね。頼られている感じがします』(22歳/学生)

あなたが高身長の場合は使えないテクニックですが、これが効果大!!
自分より背が高い人を好きな場合、背が高い彼氏がいる場合に使ってください。

棚の上などのものを取ろうとするときや、高い位置の窓を開けたいときなど、ちょっと手を伸ばしてやってみるんだけど……届かない!
そんなとき、「ねー取ってよー」と高圧的に頼むのはNG!

ちらっと彼を振り向いてにっこりしながら、かわいくおねだりしてみてください。
きっと喜んで「しょーがないなあ!」とあなたを手伝ってくれるでしょう。

(2)彼氏にスイーツをおねだりする

『一度、話題になっていたお店のケーキを彼女に買っていったことがあって……。その時にメチャクチャ喜んでくれたのが印象的で、それ以降もちょくちょく買っていくようになりました』(27歳/銀行)

少し親しい相手に使ってみたいのが安価な商品のおねだりです。
彼から「今から家に行くよ」と連絡をもらったとき、「あのスイーツ買ってきてほしいな♪」と可愛くおねだりしてみましょう。

有名パティスリーのケーキや百貨店の行列スイーツをねだってしまうと、お金のかかるオンナとしてみられるかもしれませんが、コンビニなどのちょっとしたものを頼むことで、素朴なかわいらしさを演出することができるでしょう。

もちろん、買ってきてもらったら笑顔で御礼を言うことはお忘れなく!
「こんなに喜んでくれるなら次はもっといいものを……」なんて思ってしまうかも…!?

(3)ちょっとだけもたれかかる

『家で二人でダラダラしているときによく彼女が寄りかかってきます。その時間は好きです。特に会話とかはないんで、気づいたら二人とも寝ちゃうんですけどね』(27歳/公務員)

ソファに並んで座っているとき、なんとなくテレビを見ているとき、すこーし彼に体重を預けてみましょう。
好きな彼女にくっつかれて嫌がる男子はいませんし、むしろ大多数の男子が「かわいいやつめ……」と思ってしまいます。

座った彼に背中同士でくっついていくのもおすすめです。

これらはできるだけ二人っきりの状況で実行するのがベスト!
くっついているところを人に見られたくない、恥ずかしがり屋の男子もいますからね。

(4)離れるときや会えないとき、いじけてみる

『忙しくてなかなか会えない期間が続くと、彼女から「さみしい」といったメールが来ます。自分のことを「ちょろいなあ」と思いながら、僕も会いたくなって電話しちゃいますね』(30歳/出版)

デートが終わって帰るとき、「じゃ、おつかれ!」とさっぱり帰っていませんか?
そんな潔さもあなたの魅力かもしれませんが、いつもあっさり帰ってしまうのはちょっともったいないかもしれません。
デートが終わり、それじゃあ帰ろうか、と言うときにさびしそうにいじけてみましょう。

離れるのがさびしいと思ってくれるあなたに、彼はグッと心を掴まれること間違いなし!
「もう……?」の一言で大丈夫。
むしろ、一言の方が効きます!

ただ、毎回毎回いじけられては彼もうんざりすることでしょう。
久々のデートの帰り際や、遠距離になってしまったときなど、使いどころは見極めてください。


女子からすると「ちょっとあざとい……」と思うようなしぐさでも、男子にとってはとっても可愛らしく見えてしまうんですね。
むしろ、あざといくらいが嬉しい、という意見も多いんです。

ぜひ参考にして、実践してみてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)