ピーターパンシンドロームという言葉を知っていますか?
ピーターパンのように少年の心を持っていて、大人になりきれない人のことです。

ピーターパンシンドロームは主に男性の精神疾患として知られてきました。
ですが、最近は「ピーターパン女子」という言葉もあるようです。

そこで、ピーターパン女子の特徴について調べてみました!!

(1)サプライズの反応がいい

『リアクションが大きい子にはいろいろやってあげたくなるし、やってよかっと思えます』(27歳/弁護士)

ピーターパン女子は、とにかく子供心を大事にしている女の子です。
だからこそ、嬉しいことには感情豊かに反応します。
そのため、サプライズをされたら特に良い反応をする傾向があります。

驚くこと、嬉しいこと、感動したことに対するリアクションの良いのです。
サプライズの反応が良い女性は、男性から見ても喜ばせ甲斐がありますよね。
逆に反応が薄い人は、「つまらない」という悪い印象を持たれてしまいます

ピーターパン女子のように大きなリアクションを取ることは、モテる秘訣にもなります。

(2)無邪気

『やっぱり裏表がない子は好感度高いですよね。こっちも警戒することなく自然体でいられるような気がします』(32歳/事務)

ピーターパン女子は、大人になり切れない部分があるため、どこか幼さが目立ちます。
ですが、幼さを感じさせることは女性にとって悪い事ではありません。
それどころか、「無邪気」といった良い印象を持ってもらえることも多いです。

無邪気な女性は、とにかく素直なので、好む男性もたくさんいます。
どこか世間知らずな感じも、男性が「自分色に染めたくなる」要素を持っています。
女性にとって、無邪気さのアピールは正義なのです。

(3)感情がはっきりしている

『楽しい時はずっと笑う、悲しい時にはすごい勢いで泣く、怒ったときには口を膨らませて怒るといったように、表情が豊かな子は見ていて飽きないですね』(28歳/公務員)

ピーターパン女子は子供のように感受性が豊かです。
そのため、喜怒哀楽の感情がはっきりしていることが多いのです。
嬉しいときは素直に喜び、悲しいときは感情のままに涙を流します。

怒ったときは我慢したりせず、すねたりもします。
このように感情がゆたかな女性は、男性から好かれやすいものです。
喜怒哀楽の感情を共有しやすいので、一緒にいて楽しいと思われることが多いのです。

(4)常に明るい

『テンションが高いって大事なことだと思います。一緒にいて楽しいし、ずっと一緒にいたくなりますね』(24歳/営業)

ピーターパン女子は常に明るいことも特徴的です。
子供は常にテンションが高く、楽しいことが大好きですよね。
ピーターパン女子は、そんな明るい子供の姿を彷彿とさせるのです。

明るい女性は、男性が好きな女性のタイプの一つです。
なぜなら、明るい女性は笑顔が多く、笑顔こそ女性の武器だからですね。


ピーターパン女子はどこかあどけない印象が強い女性たちのことです。
少し世間知らずな感じも、箱入りのお嬢様感があって男性を虜にしてしまいます。
最近の女性が目指すべきは、周りに愛されるピーターパン女子なのかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)