あなた、「胃袋をつかむ」って言葉、知ってる?
私からしてみれば、男はとっても簡単な生き物よ。
料理テクで彼を落としてしまえば、顔がブスだって関係ないんだもの。

「この娘に手料理を作ってもらいたい!」と思わせたら勝ち。
ブスなことは関係ないわ、料理さえ上手ければいくらだって男を惚れさせることもできるのよ。

今日は特別にブス料理マスターの私が、男の胃袋を掴んで惚れさせた料理テクを紹介していくわ。
これをマスターすれば顔になんて自信はなくても、目当ての男を喜ばせたり、惚れさせたりすることができるはずよ。

今回の惚レシピ「さっぱり豚の角煮」

今日教えるのは、「さっぱり豚の角煮」!
肉料理は男の大好物。
肉嫌いでない限り、大抵の男は角煮でイチコロよ♡

何を作ればいいか分からないあなたも、まずは角煮で彼の胃袋をつかんで惚れさせてみなさい!

材料

豚バラ 600g
サラダ油 小さじ1
水 170cc

黒酢 20cc
みりん 大さじ2
酒 大さじ2
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1

作り方

(1)豚バラを6センチの大きさに切るの

(2)圧力鍋にサラダ油を熱し、豚バラを入れて焼き色がつくまで焼くわよ!
⇒ここでのポイントは焼いたときに肉から油が出るからペーパーで拭くこと

(3)焼き色が付いたら、残り調味料(水、黒酢、みりん、酒、砂糖、醤油)をすべて入れる
⇒もし黒酢がないなら、お酢でも構わないわ♡

(4)圧力鍋の蓋をロック!15分程加熱

(5)15分程たったら、2枚に重ねたペーパーをザルに引いてこす
⇒その煮汁は捨てずに残しなさい!

(6)こした煮汁を鍋に戻して、再び豚肉を煮詰めるわよ

(7)とろみがついてきたら、完成!

もし、圧力鍋がなかったら、普通の鍋でも構わないわ!
(4)で落し蓋をして45分加熱に変更してやってみて頂戴。

まとめ

いかがだったかしら?
これが惚レシピの第一歩、さっぱり角煮よ。
角煮は難しい料理ではないけれど、挑戦したことがない女子も多いんじゃないかしら?
だからこそ、「角煮が作れる」っていうのは女子力アピールにうってつけというわけ。

イマドキ、普通のカレーや炒飯を振舞っているようじゃ男を惚れさせることはできないわ。
女にとってそれくらいの料理ができることは、もはや当たり前なんだもの。
よく見るメニューでも、一工夫加えた料理を男は無意識のうちに求めてるってわけ。

そんな時に今回のような角煮はハードルが高すぎず低すぎずちょうどいいと言えるわね。
肉料理は男にとって王道のメニュー、お酒にもピッタリね。

あとは次の料理の約束を取り付けることができれば、もう完璧中の完璧!
次もこのブス料理マスターの私が、たくさんの惚レシピを紹介していくわ。
ぜひ楽しみにしていて頂戴ね!

(文/恋愛jp編集部)